パリで子育て

日本人駐在妻の子育て日記です

パリの託児所へ通うまで⑥ PMIで診断書をもらう

「パリの託児所へ通うまで③」で登場した医師の診断書をもらいにPMIへ行った話です。

 

PMIについては一度こちらに記載しました。パリ市内にいくつもある施設です。 

www.europe-kosodate.com

 

パリの建物はどこでもオートロックです。PMIの存在は知っていたけれど、フランス語ができない私は行く勇気もなく。オートロックでなければ言葉ができないなりにも飛び込めますが、「インターホンを押してなんていえばいいの😱!」と。

 

なので我が家も御多分に洩れず、息子の病院はパリ在住の日本人駐在員御用達のアメリカンホスピタル・パリ、通称アメホスを利用(アンジェリーナ・ジョリーが出産した高級私立病院です)。ここは病気でかかる時は保険でカバーされるのでいいんですけど、こういう「診断書をもらう」や、「予防接種を受ける」時は自腹。だいたいの先生が1回100-200ユーロ(恐らく)の値段設定。

アメホスで予防接種を受ける際は「①ワクチンを買うために処方箋をもらう」「②ワクチンを打ってもらう」の2回行くので診察費200ユーロ超え+ワクチン代ですからね。それでも日本人セクションがあったり(通訳をしてもらえます)、総合病院なのでそこで血液検査やレントゲンを受けられたり(フランスの個人病院だとそれぞれで別の施設に行く必要あり)、日本の予防接種と同じ内容・スケジュールで打ってもらえたりするのでやはりメリットはあります。(必須ワクチンは変わることがあるので一概にはいえませんが)日本とフランスではワクチンの種類や打つ時期が異なるので、途中まで日本で打っていた我が家はアメホスを選びました。

 

前置きが長くなりましたが、ギャルドリ用の診断書のほか、「今後習い事をする際にも診断書の提出が必要な場合があるので毎回100ユーロ以上払うのは高い。PMIでは身長体重を測ってもらえるし、アクティビティがあるので行ってみたい。ギャルドリの顧問(?)ドクターが近所のPMIのドクターである」ことから、頑張ってPMIに行ってみることにしました。最後の理由が一番大きいかなぁ。

 

しかも行こうと決めたPMIはお友達から「そこは外国人が多い地域だから外国人慣れしてるスタッフもいて安心だよー♡」と聞いたので少し不安もなくなったし。

 

身長体重測定ならアポ(ランデヴー)はいらないかもしれませんが、私の「診断書をもらう」はドクターにお願いしなければ行けないので、事前に電話をしてから行きました。伝えたいことを英語・フランス語でメモ書きし、英語が話せる人が電話に出てくれることを祈りつつ電話をかけると…

「Vous parlez anglais?(英語を話しますか?)」 先方「Non!」 

…😭

もう話せないからここで電話をやめる…なんてできませんから(母親だもの!)、仕方ないのでフランス語で「ギャルドリに入るために書類XXが欲しい。どうしたらいいですか?」と伝えると、、そりゃそうですよね。フランス語でブワーっと回答されました💧そんなの理解も答えることもできないわけで、答えられずにいたら英語ができるスタッフを呼んでくれて無事に会話ができました✨結局、初めての場合は一度来てくださいとのことでその日中に行くことにしました。

 

☘☘☘☘☘

 

PMIの前でインターホンを押し、「PMIへ行きたい」とフランス語で伝える(事前にGoogle翻訳で準備)。無事中に入れてもらえました。

この日は抱っこ紐で行きました。一度行くとベビーカー置き場の暗証番号を教えてもらえるので、ベビーカーで行った際はそこに置いておくことができます。

 

この日は来ている人が1組しかいなかったのですぐに対応してもらえました。英語ができるスタッフの方にカルネドサンテを渡し、パソコンに息子と親の情報を登録(名前、誕生日、住所、電話番号など)。ドクターとのアポはシステム上で行うので、事前に情報が登録されていないとダメだそうです。その後、PMI自体やここでのアクティビティの説明を受け、この日はこれにて終了しました⭐️

 

☘☘☘☘☘

 

後日、ドクターとのアポ、11時。のはずが前の人が長くて結局12時開始の13時終了となりました。仕方ないけれど 、こちらも12時に離乳食をたべさせる子どもを抱えているのでこの時間はきつかったなぁ。。

 

ドクターにはPMIが初めてであること、XXというギャルドリへ通うこと(僕の見ているところだね😄と喜んでくれました)、今までの病歴やアレルギーの有無などを話し、検診などをしていただきました。ドクターは英語ができる方だったので通訳は無しです(もしできなければ、あの英語ができるスタッフが通訳してくれたのでしょうか…?)。そしてギャルドリの診断書のフォーマットに記載していただき、ドクターの押印をして完了!

そういえばアポを取りに来た前回、スタッフの方に「フランスでは保育園に入る前に受けるワクチンがあるので、もしかしたらドクターから受けるように言われるかもね!」と言われ、それをドクターに伝えると「そうだね。今日打つ?またにする?このワクチンはちょっと痛いから、後日にするなら1時間前に痛みを和らげるパッチを貼って受けることができるよ」と。私「(また来るの面倒だな…)今日お願いします!(息子の痛み無視、ごめん…)。

ワクチンの在庫があればその場で打ってもらえるのもいいですね✨太ももに打ちましたが息子は泣きませんでした✨えらい♡

 

☘☘☘☘☘

 

こんな感じで無事PMIデビューと診断書をゲットできました。しかもドクターはすごく気さくで優しくて少し面白い感じの方で、とても楽しい時間を過ごせました。予防接種は今後こちらにお世話になる予定です⭐️