パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

私立のクレッシュ(保育園)「people & baby」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ギャルドリを探していた際に候補に入れていたクレッシュを紹介します。

 

f:id:great_journey:20190412153004p:plain

「私立」と断言してしまいましたが「おそらく私立」。パリ市の公立のクレッシュは各区役所で手続きしますもんね。フランスの仕組みがちゃんと理解できていないので正確にはわかりませんが…すみません。

 

 

people & babyとは?

パリをはじめ、フランス内で広く展開されているクレッシュです。

 

ここは公立と違ってHP上で「クレッシュが探せる・空き状況がわかる・問い合わせができる」のがありがたい!公立は区役所で登録だったり電話だったりで、フランス語がほぼできない私にはハードルが高かったので。HPからなら辞書を使いながら登録できますもんね。(さらに私なら「フランス語がほぼ話せなくて…英語でやりとりできますか?」と問い合わせ時に書くと思う)

 

私がなぜここに興味を持ったかと言うと「①街で見つけて<空きあります!>と書いてあった」「②名称が<people & baby>なので英語(英仏)クレッシュ?もしくは英語が通じるのでは?と思った」からです。

②に関しては私の勘違いで、あくまで名称なだけで普通のフランス語のクレッシュでした。ただしいくつか「インターナショナルクレッシュ」なるものがあり、そこではフランス語以外の言語でも保育がされるそうです。私が検討した当時はここの英仏バイリンガル教室が2教室くらいしかなくて、我が家からは遠く通えないので諦めましたが。

 

(おそらく)民間なだけあって色々と力を入れています。例えば給食。栄養管理はもちろんのこと、BIO製品を使用したり添加物を使用しなかったり、塩分や脂肪を管理したり。(BIO製品以外のことはどこもしていることかもしれませんが)

食事時間も大切にしているようで、メニューにテーマがあったり、季節ごとのワークショップがあったり、毎年両親と楽しむ料理のワークショップがあったり、今日少しずつ忘れ去られている食材(フェンネル、ルバーブ、ディルなど)を子どもに紹介したり…。こういうのって民間の教育機関ならではな気がします。

食事に関するページ:Crèche : l’alimentation dans les crèches People and Baby

 

それと、今さらっとHPを見ただけでは(内容が多くて)探せなかったのですが、私が検索した当時は「消毒」の話もありました。清潔に保つために◯◯という除菌スプレーで消毒しています、室内に入る時は大人は靴に袋をかぶせます、とかもあった気がします。これも当時いいなぁと思ったポイント。今はどうかわからないので、該当のページを見つけたら記事を更新しておきます。

 

子育てのヒントなども書かれていますよ:Conseils puériculture - crèches people&baby

 

ですが民間は良いことをアピールするわけで、「HPがしっかりしている=実際素晴らしい」というわけではないので、実際に見学に行って自分の目で「環境や先生の質」を見極めることが大事だと思います。 

 

空きのある教室の探し方

街の教室の看板に「disponible ici!」とあれば空きがあります。HPでも空き人数の検索ができます。

 

★パリ市内であればこちらから

Crèche à Paris : inscription en crèche à Paris

 

例えば以下の場合、上の教室は9人、下の教室は3人空きがあると書かれています。(空き状況は変動しますのでご注意ください)

各教室内のページへ飛べば、教室の様子(写真)も見られますよ!

f:id:great_journey:20190412150720p:plain

さらに上の教室の場合は(イギリス国旗が書いてありますね)HP表示で英語表記が選べ、英仏バイリンガルのチーム(先生)が子どもに毎日英語で話しかけ、さらに他の言語が流暢な専門家がワークショップも行うそう。 

 

実際に問い合わせてみた

我が家はpeople & babyと、もうひとつ別の民間のクレッシュに問い合わせました。

 

フランスの仕組みがよくわからないんですが、もうひとつのクレッシュは企業経由のみ対応(夫の会社の人事から問い合わせ・手続き?)だった・かつ決まった期間しか申し込めなかったそうで「申込期間が終了したのでできません」と回答がありました。

 

people & babyは上記とは違って話を進められることになったのですが、同時期に公立のギャルドリに入れることになったので断りました。なので、people & babyで実際どのように手続きを進めるか、また費用はいくらくらいなのかはわかりませんでした。

 

people & babyのHPを見る限りけっこうどこも空きがあるようなので、これで「一定期間しか申し込めない」なんてしたら「子どもが入ってこない=経営にも影響」ですしね。なのでいつでも入れそうな気はしますが。

 

気になる方はHPを見てみてくださいね♪

 

people & baby 

https://www.people-and-baby.com

 

 

☆やB!ブックマーク、ブログ村をポチッとしていただけると励みになります。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ 

 

*画像はHPよりお借りしました。