パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

【田町・愛育病院②】出産・入院記録(一部後悔)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

長男の出産がスムーズだったので自然分娩にする気満々でしたが、陣痛の痛みに耐えきれず急遽無痛分娩に変更しました。

 

 

無痛分娩申し込み方法と金額

コロナ禍の現在は、事前にオンラインで「無痛分娩学級」動画の視聴・理解が必要です(有料で、確か3,500円くらい?)。

このクラスの受講有無で無痛分娩料金が異なります。「絶対に無痛分娩にはしない」という人以外は念のためクラスを受講しておいた方が良いと思います。

★受講者  200,000円
★未受講者 250,000円

 

陣痛、愛育病院へ

「陣痛ってわかるのかな?」と経産婦でも不安でしたが、痛みが始まって時計を見ていると確実に定期的に発生している!これは陣痛に違いない!

陣痛に気付いた時は10分間隔、陣痛3回目くらいで6分間隔くらいに縮まっていました。すぐに愛育病院へ電話、経産婦ですし初産も早く進んだので長男は家族にみてもらいすぐに病院へ。間隔は短くなっているものの痛みはさほど強くないのでスタスタ歩いて行けました。

愛育病院では
・立ち合いは夫orパートナー1名のみ可能
・LDR室に通され着替え・説明を受ける
・コンタクトを外しメガネにする(必須)

・血圧や子宮口のチェック
→臨月に入ってから3cmくらい空いていたのにそこから3週間以上進まずやっと陣痛で5cmくらいに
・いきみ逃しのグッズを借りる
→椅子が楽でしたがその分陣痛が遠のくと言われやめる
・無痛は迷っていると伝えると麻酔用に念のため点滴のルートをとると言われ腕に刺されるがこれが激痛(涙)
→事前に「採血のものより太くて長いので痛いですよ〜」と言われてた。針を刺した後に長いものをグイグイ血管に入れられている感覚。これが終わるまでとんでもなく痛かったし、終わってからもズキンズキンと痛い、翌日針を抜いても丸1日痛くて内出血していた


針や怪我の局所的な痛みももちろん痛いけれど、陣痛のようにスポットではなくある一帯がぼやんと痛いというのも辛いですよね。助産師さんに「今の痛みは10段階で言ったらどれくらい?」と何度も聞かれて3や5などと答えていましたが、逆にこの痛みできっとまだ3くらいと思うと絶望し、5になった時に「やはり麻酔をお願いします」と結局無痛分娩に切り替えました。

初産では無痛不可の里帰り出産、無いのだから頑張るしかなかったけれど選択肢があると気持ちが揺らいでしまう。長男の1ヶ月のスクール代が20万円以上なのでいっときの痛み逃しに20万円、、と思って我慢していましたが「貯金あるしいいよね、、」と痛みに負けました。

ちなみにLDRフロアの自販機は現金のみでしたのでご注意を。

 

陣痛途中で無痛に切り替えた

麻酔をお願いしてからあっという間に麻酔科医の先生が登場!これが無痛分娩を多数扱っている産院のありがたいところ。

麻酔の針の痛みは多くの方のブログで「陣痛の方が痛いからチクっていう程度でした!」と読んだけど私は相当痛かった、、先に打つ「痛み止め用の注射」と「麻酔用の注射」の両方痛かったです。

だけどいざ薬液が入るとびっくりするほど楽!それでも張りはわかるのでいきむタイミングもちゃんとわかった(これは人によるかも?)。張りがわからなくてもNSTのモニターと連動して「今いきんで!」と指示をもらえるので問題なし。ただしいきむ時の力の入れようが難しく、これは自然分娩で痛みにこらえながらいきむ方がうまくできるのかも?とは思いました。

・病院到着〜麻酔まで約2時間
・麻酔開始〜出産まで約4時間

計6〜7時間で出産でした。ただ麻酔により陣痛が遠のいたので促進剤を追加してこの時間。もし麻酔をしなかったらもっと短かったでしょうとは言われました。

陣痛の痛みは前半はお腹周り広範囲のぼやんとしたもの、後半はお股の骨に頭が挟まっているような物理的な痛み。私は後半の方がマシだったかな。

助産師さんには「もっと早かったら陣痛が進まなかったかも」「逆にこれ以上遅いと麻酔が間に合わないままお産になっていたかも」「なので最高のタイミングでできましたね!」と言われました。


妊婦健診〜出産時も愛育病院・クリニックは写真撮影・動画撮影に厳しいです。生まれる瞬間は写真も動画も禁止、赤ちゃんをきれいにしてやっと「撮影して良いです」と許可が出ます。しかもスタッフが写らないように撮影角度まで指定されます。。長男の里帰り先の個人産院はなんでもOKだったのにな。まぁ色々な観点で仕方がないのでしょう。

長男出産時は頭が大きく全然出てこなくて生まれた瞬間は感動より「やっと終わった・・」と放心状態でした。。ですが第二子はほぼ痛みなく生まれたので感動で涙が出ました!冷静にその時の気持ちを感じられる、これも麻酔分娩の良いところではないでしょうか。

 

産後すぐの後悔2つ

出産時に会陰が切れたそうで縫合。円座椅子に2日ほど座らなかったらここがもう腫れて!痛くて!(後悔①)

あとは便秘。長男のお産で「出産より産後の便秘が辛かった!」というほどだったので今回はマグミットを常用。便に水分を含ませて柔らかくするお薬らしいのでカチカチで痛い!とはならないのですが、柔らかすぎるのもいきんでも逃げて出なくて辛いんです。後になってすぐ浣腸を使えば良かったと思いました(後悔②)。 

ちなみに持ち込み・その場での処方を含めて薬はPCに登録され、ほぼ毎食事後に何を何錠飲んだかチェックされます。

 

円座クッションは売店でも売っていたので買うべきでした。 
帰宅後に慌ててポチ。こちらの楕円形のクッションはお股だけでなくお尻までカバーされるので良かったです!!みんなお尻も痛いよね??

 続く。

 

www.europe-kosodate.com