パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

【パリの驚き③】あえてポイ捨て!?道端がトイレ?街中のゴミ事情

スポンサーリンク

スポンサーリンク

花の都パリとはよく言ったもので、実際は汚い街です・・・。

 

 

渡仏1年目は病気になりやすい?

パリ最初の年は息子が本当に体調を崩しました。集団生活を始めたこともあるかもしれませんが、これから出てくる話を読み進めていけばなんとなく理解ができるかもしれません…。

逆にいうとフランスでがっつり菌にやられたからか、長男は本帰国後はあまり風邪をひきませんでした!(中耳炎は長引いたけど)

www.europe-kosodate.com

www.europe-kosodate.com

 

 

下を見て!!道に必ず落ちているもの

それはズバリ犬のフン

下を見ないで歩くと必ず踏んでしまうというほどに落ちています。気をつけていても踏んでしまうくらいそこら中にあるんですよね(泣)

それでも1年に1回(!)くらいはフンを拾っている人を見かけましたが、フランス人の友人に言わせると「それはフランス人ではない」とのこと(笑)「そんなことするフランス人なんていないよ〜あはは」という感じらしい。


青空トイレ

なんと人間も!?

小さい子どもは青空トイレ。日本人みたいに「やだー」「見てー!」なんて気にする人がいないからでしょうか。しかも草むらで・・とかではなく堂々と道で!(日本ほど変質者も少ないんだとか?正確な情報はわからないけれど聞いた話)

日本みたいに自由に使えるトイレもほとんどないですし。

たまに街中に公衆トイレ(部屋みたいなの)はあるけど激しく汚い・トイレットペーパーがない、カフェで借りるにしてもお金を払うか何か買うかなど必要、とか。デパートでもトイレは有料のところがあったりしますし。

赤ちゃんと2人で外出の時は、正直スリよりトイレの方が悩みでした。

トイレ事情も日本は天国なんですよね。

ちなみに大人(男性)もかなり青空トイレ・・・。「小」のほうね。でも大人が街中で「大」をしていたのを見かけた友人がいます・・・きゃー!
 

 

街中にゴミ箱がある

フランスよりあらゆることが素晴らしそうな日本。それでも日本に戻って不便だなと思ったことがあります。

それは道路にゴミ箱がないこと
パリはあちこちにあってとっても便利。

f:id:great_journey:20210919202526j:image

ちなみにゴミ箱のふちにはタバコ消しが付いているので、そこで消してゴミを捨てる人もいます。が、そんなの使わずに自分の足元に捨てて去って行く人も多い!


「エミリー、パリへ行く」の中でシルヴィーもパーティー中にタバコを火がついたまま捨てるシーンがあったような・・?「エミリー、パリへ行く」って本当にリアル!フランス人と働いていた夫も始終「わかるわかる!」と関心していました(笑)



公園の実情

フランスには芝生の公園がたくさんあって赤ちゃんから老人までの憩いの場。秋冬の日照時間が短く太陽を愛するフランス人。陽が出ればすかさずお外で日向ぼっこ。寝て肌を焼いたり本を読んだりとにかく日光浴が大好き。

上半身裸やビキニの女性もたくさん!
日本ではありえないですよね。

そんなみんなが寝転ぶ公園。小さな子どももヨチヨチと歩き回っています。公園、きれいに見えますよね♪

f:id:great_journey:20210919202606j:image

 

でも近寄ってみると・・?
ゴミ、タバコの吸殻だらけ。お酒の瓶が落ちている、割れてカケラが飛び散っているのも日常茶飯事。小さな子どもを持つ身としては本当に嫌でした。
f:id:great_journey:20210919202621j:image



衝撃!「ポイ捨て」の理由

街中にゴミ箱があるし、そもそも道路や公園にゴミを平気で捨てられる不思議!その理由はななんと「街がきれいだとゴミ掃除をする人の仕事がなくなるから」だとか!衝撃すぎませんか??

本当にそう思っているのか屁理屈・言い訳なのかは不明ですが・・・。

フランス人は常に言い訳をする人々です。

 

道路の掃除方法

打って変わって今度は掃除。汚すからには掃除がありますよ。

日本ならきっちり掃き掃除をしそうなところですが、フランスは「楽」を求めるのでお水で一気に流して集まったゴミをガサッと拾うスタイル。さすが!

f:id:great_journey:20210919202700j:image

狭い道が多いパリ。清掃車で入るより(左右に駐車していたりもするし)こうして人が歩いて回る方が理にかなっているのかも?
f:id:great_journey:20210919202705j:image


日本はどうしているんでしょう?日中は見かけないので夜or朝に清掃車でしているのかな?
 

 

 

街中の瓶回収ボックス

こちらもフランスのガサツらしさがあります。

自宅で瓶の回収はもちろんありますが、街に大きな「瓶回収」スタンドがあります。コロナ前は外でピクニックはよくある光景だったので外で飲んだワインボトルをそこで捨てて帰るというのは納得でした。でも家でも捨てられるだろうにわざわざ家から大量に持ってきて捨てている人を見ると「なぜ?」と思ったものです(入りきらなかった?回収日まで待てなかった?)

さらに、このスタンドの中身をどう回収するかというとクレーンがついた回収車が来て瓶が入ったコンテナ(のようなもの)ごと持ち上げ中身だけをトラックに落とすのです。ガッシャーン!と。それはもうすごい音^^; 破片が飛び散りそうですし・・・。

日本だと割れないように丁寧に回収しているイメージ。なのでパリではびっくりでした。

パリは家庭の瓶も回収トラックが来てガッシャーンと割りながら回収していきます。日本では人がゴミ袋を手でポイッと収集車へ入れているけどパリではゴミ箱を車にセットして自動で収集。

f:id:great_journey:20210919202716j:image


以上、驚きのゴミ事情でした。

 

www.europe-kosodate.com

www.europe-kosodate.com

ポチッとしていただけると励みになります。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ