パリで子育て:子連れスポットやママが楽しめるパリ情報を紹介中!

日本人駐在妻の子育て日記です。主に就園前(0〜3歳)の子どもを連れていける場所を散策・紹介しています。他にもフランスでの育児、習い事、ギャルドリや現地私立幼稚園の情報なども。

予防接種を2回打ったのに水ぼうそうにかかった話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

少し前の話ですが、息子が水ぼうそう(水疱瘡/水痘)にかかりました。

 

f:id:great_journey:20190810112712j:image
*スペイン・コルドバの写真

 

予防接種は2回接種済み(日本/パリ)

日本では「水ぼうそうの予防接種」は定期接種です。

 

息子は1回目は1歳で一時帰国した際に日本で、2回目はパリで接種しました。日本では住民票がないので自費でした。

 

パリで接種した時の話はこちら 

www.europe-kosodate.com

 

日本だと水ぼうそうにかかると保育園・幼稚園はお休みしないとだと思いますが、パリではかかった子も普通に登園していました。。ただし熱があるのでその時は休んでいましたが。

www.europe-kosodate.com

 

 

あせもと勘違い

とても暑かった時、息子の腰のあたりにニキビのような赤い発疹がいくつかできました。かゆがったのですがあせもでかゆいのかな〜と2日ほど様子を見たんです。他の症状(高熱、全身の発疹など)がなかったので、まさか水ぼうそうだとは思わず。ニキビのようにも見えましたし…。

 

ですがかゆがるので小児科へ連れて行きました。そこで「これは水ぼうそうだね」と先生。予想していなかったので私はかなり動揺しました。大人にも移る!?幼稚園は!?等々…。

 

先生曰く、「2回予防接種を受けていれば95%くらいはかからないんです。だけど稀にかかる子がいて。でも予防接種のおかげでここまで症状が抑えられているんですよ。」と。

 

発疹は結局肩のあたりまでまばらに出ましたが、確かにネットで見る症状に比べて格段に少ないし、熱が出たりもなかったので予防接種を受けておいて良かったです。

 

幼稚園は、小児科を受診した金曜日時点で発疹が全てかさぶたになっていた・そこから週末2日を挟むので月曜日に登園しても問題ないでしょうとのことでした。

 

 

どこで移されたんだろう…と考えましたが、先生からは「菌に触れてから発症まで2週間くらいあるのでわからないでしょうね。だから広まるんです。」と言われました。なるほど。。

 

両親(私と夫)は移ることなく済みました。おそらく二人とも子どもの頃に水ぼうそうにかかっているんです。2人ともかかった時の記憶がうっすらとあります。大人になって水ぼうそうになると辛いと聞いたことがあるので、この点はよかったかなと。(かからないにこしたことはないですが!)

 

 

予防接種は「予防」が大前提かなと思うのですが、かかった際の効果を今回初めて目にしました。次は3歳の日本脳炎の予防接種かな。

 

予防接種のスケジュールはこちらを参考にしています。(以下画像のリンク先です)

http://www.know-vpd.jp/dl/schedule_age7.pdf

http://www.know-vpd.jp/dl/schedule_age7.pdf

 

 

☆やB!ブックマーク、ブログ村をポチッとしていただけると励みになります。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ