パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

【パリ】夏のバカンスにオススメの旅先4カ国

スポンサーリンク

スポンサーリンク

私が旅したオススメの場所を紹介します。

 

 

どこへ行くのが正解?

太陽、日差しが大好きなヨーロッパ人。
暖かくなると公園でも服を脱ぎ捨てて肌を焼き、色白の人は「夏にバカンスに行けない貧乏人だ」とまで言われるとか!?なのでパリが暑くても更に暑い南仏やビーチへ向かうのも定番だと思います。

だけど
忘れてはならないのがヨーロッパのカニキュール!

そう、40度近くまで達する酷暑。
旅行予定が1ヶ月後など先過ぎるとカニキュールにバッティングして大変な目にあうことも。かくいう我が家も夏のバカンスで南仏へ行き暑い思いをしたことがあるのです。モナコの海に入ったり気持ちは良かったですけどね^^;
ちなみにコロナ前、我が家が7月に南仏(ニース・モナコ・カンヌ)へ行った時は大混雑でした。

なので個人的には涼しいところがオススメ!ノルマンディが人気なことからフランス人の中にも避暑好きはいるのだろうと思います。

だけど正解は人それぞれ。自分が行きたい街を旅して満足することが大事ですね!

ここから私のオススメの国を紹介します。

 

オススメ①スイス

山に湖にとにかく自然が美しい!
標高の高い山に行けば涼しい!
雪山登山は辛いけれど夏山はなんのその!

ということでとにかく気候のいい時がオススメ。
日本からだと行きにくいのでヨーロッパ在住時に行っておきたいところ。我が家は氷河特急に乗りスイス国内をあちこち回りました。

f:id:great_journey:20210722134336j:image

f:id:great_journey:20210722134319j:image

寒さに震えながら、ではなく半袖で青い空・雪山を眺めながらテラスでいただくワインは最高!
f:id:great_journey:20210722134332j:image


周りの駐在員ファミリーとの会話の定番は
「どこへ旅行にいったか」
「どこがオススメか」

そこで高確率で「グリンデルワルトがいいよ!」と言われました。

以下の旅行記をぜひ見てみてください。美しさにため息が出ます。合成や修正ではなくスイスって本当にこんなにきれいなんですよね。

4travel.jp


ただし小さいお子さんをお連れの方は高いところは危険がありますのでご注意ください。我が家も高い山・移動は外して行動しました。

everest.cocolog-nifty.com

sangakuisan.yamakei.co.jp

 

 

オススメ②フィンランド

涼しいといえば北欧!
さらには夏にしかオープンしないムーミンワールドがある!

f:id:great_journey:20210722135042j:image
f:id:great_journey:20210722135015j:image

マリメッコのアウトレット、かもめ食堂、ムーミンカフェなど日本人が好きそうなところも盛りだくさん。子育て世代に優しい環境なので旅行しやすかったです。なにげにミシュラン星付きレストランも多く、しかも子連れOKのところも多かったです。
f:id:great_journey:20210722135047j:image


オススメ③デンマーク

我が家は冬に行きましたが当然ながら寒かったので(笑)夏に行くのもいいかも。

f:id:great_journey:20210722140022j:image

ディズニーランドのモデルとなった「チボリ公園」という遊園地、本場のレゴランド(レゴはデンマーク発祥)、B級グルメのホットドッグがとっても美味しかったり親子で楽しめる国でした。


オススメ④イギリス

せっかくのバカンスなのでロンドンではなく郊外でのんびり。

コッツウォルズ地方は「イギリスで最も美しい」と称されるそう。

以前イギリスを縦断してコッツウォルズ地方ではマナーハウスに滞在しました。
マナーハウスとは「かつての領主の館、貴族が狩猟や避暑のために建てた別荘など」を改装して宿泊施設にしたもの。とにかく豪華でうっとり。

またこの辺りには小さな村が点在し、昔ながらの英国の田園風景が残っていてのどかで美しいのです。あちこち観光もいいけれどたまにはこういう田舎でのんびり過ごすのもいいですね。(写真がすぐ探せないのでアップできず・・)

www.mapple.net

 

これからもう少し詳しく旅のレポをしたいと思います。