パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

自費で小児健診。今は顔撮影で子どもの近視・乱視までわかる!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2歳6ヶ月の時に日本の小児科で健診を受けました。

過去の記録です。

f:id:great_journey:20200426162518j:plain


日本の園に通うにあたり息子の「健康診断書」のような書類の提出が必要でした。
(こういうものが必要とは思いもしなかったけれど、確かに健康であるかとか持病があるかどうか、預かる側としては大事な情報ですよね)

過去3ヶ月以内だったかな?に受けた健康診断の結果があればそれでもOKだったのですが、パリのPMIで受けた健診がもう少し前だったので自費で検査を受けました。

 

健診内容

身長、体重、頭位などを計測。
ワクチンの接種履歴を母子手帳・カルネドサンテ(フランス版母子手帳)で確認。

その他に「お写真を撮りますね〜」と言われて大きなポラロイドカメラのような機械で撮られました。カルテ?検診結果書類への貼付用かな?なんて思っていたら!

なんとこの写真で近視・乱視などがわかるのでした!今の技術ってすごいですね!!

息子の目は近視・乱視ともに問題なしでした。良かった!


大きい子どものいる友人からは「視力検査は5、6歳頃にならないとできない。できた時にはうちは近視になってて即メガネだったよ」と聞いたことも。フランスの子どもは2、3歳?くらいの子でもメガネ率が高かったです。どうやって発見しているんだろう?医療関連は日本の方が進んでいそうなイメージだけど、フランスでもこういう機械が導入されているのでしょうか?


詳しくはこちら(我が家が通っている病院ではありません)

myogadani-kids.com

 

費用

「健康診断+書類作成費」で5,000円でした。相場がわからないので高いのか安いのか不明ですが、必要な書類作成に加えて視力検査もしていただけて大満足でした。

本帰国して小児科を探すにあたり、ネットで調べたりGoogleマップの口コミを見たりでいくつかの病院で迷いました。実はここ(現在もかかりつけ)は良くない口コミの記載もあったのですが、それでもなんとなくここが良さそうで一度行ってみました。この時は健診のみ。良くなければ次回から変えればいいだけですし。

実際にはすごく良い小児科(先生、看護師さん、スタッフさんみんな。設備もいいしプレイエリアも充実)で、あの口コミはなんだったんだろうという感じ。自分の目で確かめるのは大事ですね。もちろん、人によって合う・合わないは違うので合うかどうかは自分で決めることですが。


日本の多くの自治体で子どもの医療費が無料となっているようです。我が家の住む自治体も中学生が終わるまで無料。ありがたいことです。


街や生活習慣?が汚いパリ生活を経て「この程度ではまだ病院へ行かなくて大丈夫。鼻水には生理食塩水、熱にはとりあえずドリプランで様子見!」という感覚になったので、日本人の「すぐに病院へいく」風潮にはややびっくりですが・・(もちろん全員ではありませんが!そういう人が周りにいたので・・)