パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

息子の特技

スポンサーリンク

スポンサーリンク

とにかく記憶力がいい!

 

比較対象はいないんですけどね。対私・・でしょうか。

 

f:id:great_journey:20200121001833j:plain




人の顔と名前を覚えるのが得意

まずはこれ。

1歳後半で入学したパリのモンテッソーリ幼稚園。入園して2週間でクラスメート15人の顔と名前、先生3人の顔と名前を全部覚えて言えました(もちろん全員合っている)。これには本当に驚かされました。

クラスメートには似ている子がいて、私はしばらく見分けがつかなかったのですが息子は間違えることなく覚えていました。

日本に帰国して日本の園に入っても、この特技(?)は健在。息子は現在2つの園に通っていますが、どちらのお友達もあっという間に覚えました。(男の子が多くて私は顔がちっとも覚えられないんだけど、息子は顔も名前もほとんど覚えています)


フランスでは下の名前の呼び捨てが当たり前。それでも日本の「〜くん」「〜ちゃん」と呼び方にもすぐに順応。フランスだと苗字という概念を知らなかったと思うのですが、日本では「やまだたろうくん」のようにお友達の名前も「苗字+名前がセット」というのを理解して、フルネームで呼んでいます。

「今日はさとうかけるくんと遊んだの!」「すずきみらいちゃんの隣に座ったよ!」などと毎日のように教えてくれます。


両親の名前も覚えて、お医者さんごっこをする時は「さとみさん(母仮名)、こちらへどうぞ〜」なんて名前で呼んできます。


総じて記憶力がいい

行った場所、一緒にいた人、食べたもの、もらったもの等、びっくりするような細かいことまで覚えています。(赤ちゃん時代の記憶はさすがにないっぽい)

<例>
一度行っただけのとあるお店。ある日また通った時に「ここのお店、パパとばあばと行ったよ。あの席でクロワッサンを食べた。りんごジュースも飲んだ!」と事細かに教えてくれました。(私は行かなかったけど確かにそのお店だし、写真で見た通りの内容だった)

レストランで時々もらえるお子様セットのおもちゃ。家にいくつかあって、私がそれぞれどこでもらったものか覚えていないというと「それはばあばの家の近くのパスタのお店でもらったでしょ?」と息子が教えてくれる。そうだった。

またある時。100円ショップの前を通ったら「消しゴムが欲しい!」と言い出し、私の手を引いてお店の中に入り消しゴム売場へ。私とはこの売場へは来たことがなかったけれど、数ヶ月前に1回だけおばさんと来てここで消しゴムを買ってもらっていた。
しかも消しゴムは3個セットで、その組み合わせまで覚えていた。

絵本を読んでいても、「そんな絵あったっけ?」というような超細かい絵を覚えていて「さっきカモメが魚を食べていた絵があったでしょ?ママ」のように言ってくる。


目の付け所も記憶力も感心するばかり。私と夫からするとあらゆることを「本当によく覚えているなぁ」と。子どもってこんな感じなのかなぁ?私なんて日々忘れることだらけでその日のお昼ご飯すら思い出せない時があるよ、、


目の付け所に関しては、まだ文字を読まない分、それ以外の情報をフラットに見ているからかなぁというのもあるのかな?

息子は風船や気球、星などが大好きなので、見た範囲にそれがあるとどんなに小さくても真っ先に見つけ出す。その観察力もすごい。


これからも息子の記憶力に驚いていくことと思います。