パリ・東京でモンテッソーリな子育て

駐在妻によるパリ生活・モンテッソーリ教育・東京子育ての記録。パリの託児所・幼稚園・習い事の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

【2023シンガポール旅行①】母子2人旅の概要

スポンサーリンク

パリ駐在時は幼かった長男を連れてあちこち旅をした我が家。日本に戻ってからは国内にも良い所がたくさんあることに気付き、国内ばかり巡っていました。そしてコロナ発生。海外へは行けず。

長男も大きくなって楽になったし(この子は小さい頃から楽だったけど)シンガポールに住む長男の大好きなお友達をたずねて母子2人旅にをしてきました!久々の海外。アフターコロナといえどルールに厳しさもあったのでドキドキの旅でした。

子どもが楽しめるところがたくさんあり、かつ安全できれい。子連れにはシンガポール旅行を激推しします!(ただし他の東南アジアよりは高い)

f:id:great_journey:20240622141746j:image

 

旅程

4泊5日で行きました。お友達は学校があり長くは遊べませんでしたが、これくらいの日程でちょうどいいかも。フライトは6時間、時差も1時間なので本当に行きやすい!

飛行機

羽田かつ日系を利用したかったのでANAより安かったJALで。時間を有効活用したかったのと長男がよく寝る子なので往復ともに夜便にしました。結果、親子ともに疲れただけという・・・。長男は寝づらいながらにも寝たものの、私は往復とも全く眠れませんでした。これまで長時間路線はワインを飲んでコテンと寝ていたけれど、子どもと2人だと酔っ払うわけにもいかずドキドキソワソワしたからかな?帰国した日は昼間ずっと寝てしまい使いものにならず・・・。

帰りはビジネスクラスにしたくて入札したんですけど残念ながらだめでした。(今は空きがあると入札制度があるんですね、びっくり。でも考えた人は収益ビジネスとして社内で表彰ものじゃない?)

以前はジェットキッズを使っていましたが、この時は荷物を少なくしたかったので空気で膨らます足置きを持って行きました。これのおかげでエコノミーで狭いながらも寝られて長男には重宝しました!!

www.europe-kosodate.com

 

ホテル

シャングリ・ラ・シンガポールに宿泊。

シンガポールにシャングリ・ラは二つあり、「オーチャード」の方はキッズ向け屋内施設やプールが充実と聞いて選びましたが最高でした!
詳しくは別記事でまとめます。

「セントーサ島」の方も良さそうなので次回のシンガポール旅行はセントーサの方に泊まりたいと思っています。

 

行ったところ

・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
・アイスクリームミュージアム
・ユニバーサルスタジオシンガポール
・ナイトミュージアム
・セントーサ島で虫取り、おもちゃ探し
・ショッピングモール&トイザらス
・本屋さん巡り(めちゃくちゃ楽しかった!)
・ホテルでプール、お友達とプール
・サマセットのレストランモール的なところ

ガイドブックは色々見比べてるるぶが見やすくわくわくしたのでこちらを買っていきました。

旅費

「大人1名+小1」の2名でトータルで60〜70万円くらいでした。飛行機、ホテル、観光などはすべてバラバラで自分で取りました。

私が働き始めて気が大きくなり無駄なものにもバンバンお金を使ったので正直もう少し節約できたと思います。お給料万歳!(私の自腹旅行)。

*長男の買ったもの一例
・羽田出国前に
①JAPANのキーホルダーが欲しい
②飛行機の充電器が欲しい
→めんどくさいから買った・・・

子どもが充電するものないでしょ・・と思いつつ。ただこういう3in1タイプの飛行機で可愛いのと意外と便利で私が会社で活用中。

・ナイトサファリで「目がライトで光るふくろうのキーホルダーが欲しい」
・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで「ウツボカズラのマグネットが欲しい」
・アイスクリームミュージアムで「何か欲しい」

などなど・・・欲しがりすぎ。
旅行の思い出、次いつまたシンガポールに来られるかわからないしと思って色々買ってしまったけど、またすぐ行こうとしている我々親子←

次はもう少し賢く旅したいなと思います。