パリで子育て:子連れスポットやママが楽しめるパリ情報を紹介中!

日本人駐在妻の子育て日記です。主に就園前(0〜3歳)の子どもを連れていける場所を散策・紹介しています。他にもフランスでの育児、習い事、ギャルドリや現地私立幼稚園の情報なども。

誇り

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ラグビー日本代表選手のみなさま、お疲れ様でした!!

 

f:id:great_journey:20191022151259j:plain

惜しくも負けたラグビー南ア戦。日本代表のみなさんは本当にかっこよかったし、ラグビーというスポーツにとても興味を持つことができました。日本代表選手のみなさんが残した功績はとても大きかったんじゃないかと思います。

 

 

誇り

試合にリーチ・マイケル主将が円陣内でみんなにかけた声というのを読みました。

 

「下向く必要はない」

「胸を張って」

「このチームを作って、キャプテンとして誇りに思っている」

「選手、一人一人も誇りに思うべき」

「(今後の)態度、姿で見せることが大事」

 

とても素晴らしい言葉だなと思いました。

 

自分自身を誇りに思うこと(誇りに思えるほどの努力をされた結果だと思います)、相手に誇りに思うべきといえること。外国の映画・ドラマを見ていると「誇りに思う」という言葉をよく耳にしますが、日本人にはあまり馴染みがないように思います。だけど素晴らしい言葉、想いだと私は思います。


(うまく言葉にできないので思いの丈を詳しくは書きませんが、、)

 

 

謙遜

似ている(?)話で、謙遜は日本人らしい良さだとは思いつつ、私は好きになれない面もあります。もちろん謙遜が必要な場面はあるとは思いますが、なにか褒められた際に「え〜ほんとですか?でも◯◯なんですよ」という謙遜(もしくは否定)。私は素直に「ありがとう」でいいんじゃないかな?と思うことがあります。なので私はシンプルに「ありがとう」と言います。

 

(以前ニュース記事か何かで「私(姑)が嫁のこと・孫のことを褒めると今の子は「ありがとうございます。そうなんです〜」って言うんですよ、もうびっくりで」というのを読んだことがあります。それについても色々思う節があった。。)

 

 

子どものことを人前で褒める欧米人

この流れで思い出した話。

 

サン・セバスチャンへ旅行をした際にバルで隣り合わせたヨーロッパ人のご夫婦。
(乗り物やお店で近くなった人、それも外国人と話すのが好きな私。このあたりフランス人っぽいので日本よりフランスの方が住みやすい。)

 

ご夫婦二人だけだったのですが、子どもの話になって娘さんがいらっしゃるとのこと。お写真を見せていただいて「きれいですね!」と言うと男性(パパ)が『そうなんだ。彼女はとても美しいんだ』と。

 

もぉ〜素晴らしい!!👏
身内のことを他人に褒めない人が多い気がする日本人。謙遜したりけなして笑いを取ることはあっても、素直に「娘は美しい」「妻は美しい」と褒める日本人、います!?

(あ、これは夫婦間で互いにというのも当てはまるかもですね)

 

欧米の方は芸能人並みに美人でなくても、ふくよかだとしても、モデルのような美しさだけを「美しい」としない。

 

私はそういう人、そういう文化が好き!
私もそうありたいと思うものです。

 

日本とは色々とちょっとずれている私。
こういう人間は外国の方が住みやすいんだろうなと思います。

 

 

「You are beautiful no matter what they say」
クリスティーナ・アギレラのBeautifulと、Gleeのこのお話が好きです。

blog.goo.ne.jp


GLEE - Beautiful (Full Performance) + Speech HD

 

 

*外国人夫婦との素晴らしい出会いがあったサン・セバスチャンのバル情報。ちなみに現地の方は「サン・セバスティアン」と発音していました。

www.travelnomemo.com

 

ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ