パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

【フランス語】元パリ駐在妻のフランス語学習歴

スポンサーリンク

スポンサーリンク

私のフランス語の勉強と現状。

 

f:id:great_journey:20200516114428j:plain



正直2-3年の駐在であれば個人的にはフランス語の勉強はしなくてもいいと思っていますが・・この話はまた別途。
この振りばっかりですね!

 

とはいえもちろん話せるにこしたことはない。そして話せると楽しいし世界が広がること間違いなし!今回は私の勉強歴について。
 

 

フランス語教室の門を叩く

数年前。夫が「パリ赴任になるかも」と言い始めてしばらくはまったくその気配がなくて。その後「ビザの話が進みそう」という段階に入ったのでフランス語学校を探して通い始めました。会社の補助があるわけでもないし必要かもわからなかったけど習ってみたかったのです。当時は妊娠前だったのでフットワークが軽かったし、いくらでも自分にお金を使えたし(もちろん自腹)。

大人になって自分でやりたいと思ったことを習うってワクワクしませんか?社会人になってゴルフや手話を習っていましたが、どれも本当に楽しかった!!

フランス語もまだ趣味の域だったのもあってか楽しく通っていました。

 

レッスン

最初はグループレッスン。友達でも同じ会社でもない方とお話しするのも楽しかったです。私の仕事が忙しく、融通がきくように途中からプライベートレッスンに切り替え。そこそこ頑張って通いました。レッスン費用もかなりかかったけど通って良かった!基礎があったからか渡仏してからもすんなり生活が始められました。(外国に住みたい願望が強かったし英語もまあできるので生活の不安は無かった)

レッスン内容は本当に基礎から。確か初心者コースに申し込んだのと、グループレッスン参加者が全員完全な初心者だったから。プライベートレッスンでは渡仏するのにあわせた内容にしてもらったりもしていました。

例えば「フランス語で電話番号を伝えるときは、まるでメロディが流れるように数字2つずつ発音するんだよ」とか、そういうフランス人ならではの情報も教えていただきました。こういう生の情報こそ大事!

先生はフランス出身のフランス人。パリ在住経験もあり。某大学でフランス語を教えていらっしゃいましたし、日本語もペラペラ。英語もできるので、日本語でもよくわからないときは「英語だと〜だよ」と言われるとよく理解できました!

例えば「Il y a〜」って日本語と全然違うから「???」ってなるけど、「英語でいうとThere is〜だよ」とか!でしょ!?


レッスンでは最終的に
・レストランを予約する
・ホテルを予約する
ができるようになる、までは進みました。

 

どれだけ身についた?

実は・・・あれだけ通ったのに・・

異国で乳飲み子を育てながら家事をしながら勉強なんて、私には気力も体力もなく・・



復習しない→忘れる→勉強しない→覚えない→しゃべれない・・!



だけど「習ったことを完全に忘れたのか?」といえばそんなことはなくて、先生から習った単語やフレーズはいまだにスラスラでてきます。

先生が良かったからか、それとも英語というベースがあって「英語に似ている」から理解もしやすかったのか、「母国語のように習得する方法」という考えがあったからか、、とにかく初めて外国語に触れた中学1年生の頃よりスムーズに受け入れられました。


それと正確に言うと「習ったのにしゃべれない」というより「フリーでしゃべれるところまでレッスンが進まなかった」かな。(先生のせいじゃないですよ。アルファベットの発音とか基礎をしっかりやったのでぱーっと一気には進まなかった)
そして一応習ったレベルの知識はキープしていると思う。もう少し通ったらしゃべれるまでいったかな?

というか、フリートークでしゃべれるって相当単語のストックが必要ですよね?レストランやホテルでの会話とか、そういうある程度定型のものは覚えれば大丈夫だけど。


そんな感じで少しの基礎はあるもののあとは現地で実践!生活しながら買い物まわりとか体調まわりとかを覚えました。(子どもの託児所、病院通いのおかげで体調関係はけっこう覚えた)

 

www.europe-kosodate.com

 
続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ