パリで子育て

日本人駐在妻の子育て日記です。主に就園前(0〜3歳)の子どもを連れていける場所を散策・紹介しています。他にもフランスでの育児、習い事、ギャルドリや現地私立幼稚園の情報なども。

砂場やミストが気持ちいい!14区の公園 Square du Cardinal Wyszynski

小さい子が楽しめて夏場に気持ちのいい公園。

モンパルナス駅から割と近くにあります。去年一部エリアが工事中だったんですけど、いつのまにか出来上がっていました!

 

こちらの公園、半分は「木とベンチののんびりゾーン(?)」、もう半分が「砂場+遊具エリア」といった感じでしょうか。のんびりゾーンでは大人が座って休憩したりランチを食べたりする光景を目にします。卓球台もあります!

 

パリの公園はきっとよく設計されているんでしょうね。木がうまく植えてあり木陰がたくさんでき、遊んでいても暑くないのです。素晴らしい!

f:id:great_journey:20180731211339j:image

 

まるで海岸気分!?たっぷりの砂場

ここの公園は遊具エリアの足元のほとんどが砂!最初こそ息子に靴を履かせて遊ばせていたものの、他の子が裸足で遊びまわるのを見て「まぁいいか…」(まだ一部潔癖…)と裸足にさせて見たら…まあ喜ぶこと!触感が楽しいし気持ちいいのかな?

f:id:great_journey:20180731135950j:image

 

砂ではないところもクッションフロアになっているので、こちらも裸足でも安心。私も裸足になっちゃいました!気持ちいい〜!

f:id:great_journey:20180731135938j:image

 

ただしこの中央の一段へこんだ砂場エリアは大丈夫なんですけど、両サイドの入口あたりにガラスの割れた破片があるのを発見しました!!危ないよ〜><(拾って捨てました!)
f:id:great_journey:20180731135943j:image

あとは“のんびりゾーン”の一部に木の破片を使ったものが巻いてあるところがありまして(歩く場所ではなく木が植えてある根元)、その一部がけっこうこの砂に混じっているんです。最初それが刺さるのでは?と思い裸足にさせるのをためらったんですけど、実際は砂に足が潜ったりするので平坦なところで踏む時のように刺さりはせず大丈夫そうでした。それでも尖った破片や鋭い石なんかは拾って捨てて歩いた私。これを過保護と言うんですかね…

 

ロープでできたジャングルジムもあります。
f:id:great_journey:20180731211344j:image

 

夏の救世主!ミスト!

そしてこれ!今年は暑い日が続いているので涼を求めて公園へ!どうやら11:00から噴射(?)が始まるようです。(昨日は9時台から行ったのでだいぶ待ちましたw)

f:id:great_journey:20180731135946j:image 

 

とにかく気持ちいい!毎日、一日中でも浴びていたいくらい。息子もキャッキャ言いながらびしょ濡れになって楽しんでいます。濡れても強い日差しであっという間に服は乾きますので着替えいらず。夕方になる程大きい子が来て小さい子たちは危なくなるので午前中がオススメかな。遊具エリアは午前中は0-2歳くらいの子ばかりですごく賑わっています。

※このミストの周りにもガラス瓶の破片がたくさん落ちていて危なかったです!拾っては捨てたものの、息子がすぐ道路へ逃走しようとするので広いきれず。ここでは靴を履くこと、転んで手をつかないようにすることを強くお勧めします!(朝か夜にゴミ拾いにでも行こうかな…って、やっぱり過保護?)

 

水の出る公園といえばパリ16区にあるアクリマタシオン庭園が有名ですが、左岸に住んでいると遠くて行けないんです。そんな時は一つ前の記事で書いたアンドレシトロエン公園か、ここ14区の公園で遊んでいます!

 

住所:Rue Vercingétorix, 75014 Paris

Google マップ