パリで子育て:子連れスポットやママが楽しめるパリ情報を紹介中!

日本人駐在妻の子育て日記です。主に就園前(0〜3歳)の子どもを連れていける場所を散策・紹介しています。他にもフランスでの育児、習い事、ギャルドリや現地私立幼稚園の情報なども。

パリで慣らし保育 4日目

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この日も母子ずっと同じ部屋で過ごす。グテ(おやつ)はコンポート1個だけでヨーグルトは食べさせなかったら、もっと食べたかったのか泣きました。結局授乳することに(と言っても朝散々飲ませたのでおそらくほぼ出ていない)。

 

ヨーグルトもくださいと言おうとしたら、「遊ばせて違うことを考えさせたら忘れるわよ!」と言われて遊ばせる。一瞬泣き止んだけど結局泣いたので今日は帰ることに。16:15くらい。そして帰り道にベビーカーの中で夢の中へ…😴疲れたんだね。私はこの日「ファティゲ=疲れている」という単語を覚えました💡

 

先生には「おっぱいを欲しがっているなら授乳していいわよ」と言われたけど、私が『求められる度に何回もしているとギャルドリに一人でいる時に私があげられなくて泣かれると困るので我慢させている』と言うと、「ギャルドリにママがいなければ欲しがらないから大丈夫よ!」と言われて安心。日本にいる保育士の友人にも聞いてみたところ、同じく「ママ以外にミルクはねだってもおっぱいはねだらないから大丈夫よ!」との回答。良かった〜!

→実は断乳直前は先生のおっぱいまで飲みたがった。。

 

 

今日の様子など。

・登園すると「昨夜と午前のお昼寝でよく寝たか、ご飯をちゃんと食べたか」について毎日聞かれるとのこと。なのでそれはフランス語で伝えられるようになって欲しいと言われる。(これはできそう!そして繰り返し使っていればすぐ覚えられそう!がんばろう)

 

・グテの時間がわかる子(時計を見たり先生がキッチンに出入りしている様子を見て)は、時間になると早く食べたくて泣く、自分が後ろの順番だと人が食べているのを見て泣く

 

・金曜日は洗濯をしないのでグテのエプロン、おむつ替えのタオルは使わず、全部使い捨ての紙類で対応している

 

・金曜日のグテはパンではなくケーキ「ブドワ」が出る。フランス人が子どもに初めて与えるケーキとのこと。ケーキと言ってもスティック型。硬めだけど口の中で溶ける。2本入りを二人でシェア。試食させてもらったらけっこう甘かった。→そして以降金曜日に限らずけっこうこれ登場していました。スーパーで売っています!

 

・12月に保護者会…ではないけれど、所長、先生方、パパママでコーヒーの会があるそう。親と所長、親同士で子どもの睡眠、お昼寝、食生活などを語るらしい。

 

 

こんな感じで第1週は終了です!今週中に私と離れる時間があると思ったのに随分ゆっくりでなかなか進みません。息子的にはもう一人で大丈夫そうなんだけどな?とにかく、Good job, 息子👏

 

 

☆やB!ブックマークをしていただけると嬉しいです。はてなブログをされていない方はブログ村をポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村