パリで子育て

日本人駐在妻の子育て日記です

パリで慣らし保育 ついに終了☆

年が明けて慣らし保育も一週間が経過。ついに慣らし保育終了の許可が出ました⭐️

 

 

前回の記事と少しかぶりますが、今週一週間の記録。

 

月曜日

2週間ぶりの登園。休み中にリフレッシュしたのか、息子はおもちゃや滑り台で楽しく遊ぶ。私は遊ぶのに少し付き合ったのち、20分だけ外出。出かける際に息子は泣くことも寂しがることもせずにバイバイ!

グテ(おやつ)が終わって「もっと食べたい!」と少し泣いただけで笑顔でよく遊んだらしく、先生に「笑顔がいっぱい出るね!」と褒められました✨

 

火曜日

少し一緒に過ごして30分離れ、様子伺いの電話をするとまだ大丈夫だと20分延長。今日もおやつの後に「もっと食べたい😭」と泣き、それで鼻水が出たので拭いたら嫌で泣き。それ以外は大丈夫だったとのこと。

 

水曜日

預けてすぐ45分離れ、電話をすると大丈夫なので30分後に来るように言われる。計1時間半ほど外出。この日は泣かずに過ごせた😆

 

木曜日

預けに行って10分ほどして1時間離れる。昨日の様子からして大丈夫だろうとモノプリ(食料品だけでなく雑貨や洋服なども売っているフランスのスーパー。うちの近所はけっこう大型なので見ごたえあり)で久々にゆっくりと買い物。30分して着信がなかったので安心していたら、買った荷物を置きに家に戻ると1時間ちょうど。電話をしようと携帯を見ると45分時点で着信が💦慌てて電話すると「泣いたので戻ってください」と。少し泣いたくらいではこんなことは言われないので、けっこう泣いたんだと思います。

ギャルドリに着くと泣きべそ顔の息子が。先生曰く、少し前にお迎えラッシュがあって保護者、先生ですごく混み合ってそれで泣いたとのこと。人慣れしているし旅行にもいっぱい行っているので人が多いくらいでは泣かないと思うけど、、知らない言葉で話す大人たち・親たちが迎えにきて帰って行くお友達をみてちょっとびっくりしたのかな?私の顔を見ると笑顔で飛び込んできました💖ちょっと変な表現だけど、私はやっぱり息子のママで、ママのこと好きなんだな〜と改めて実感。

 

金曜日

初めて離れる際に泣く。そしてインターンの学生さんに抱っこにいく(成長!)。遠くから様子を見ていたらすぐに泣き止んでいた。1時間離れ、様子伺いに電話。まだ大丈夫とのことでさらに30分延長。迎えに行くと先生にニコーっと笑いかけていた😆だいぶ慣れたようです💕

また、去年はおやつに「ヨーグルトコンポート(この2つは市販のヨーグルトカップのような物です)+ブドワ(スティックビスケット型のケーキ)」の3種類を食べていたのに、なぜか今年に入ってヨーグルトかコンポートのどちらかしか食べていなかった。息子は多く食べるし、実際今週はもっとおやつを食べたがって泣いていたそうなので、あるなら両方食べさせてくださいと依頼。両方あるそうで、今日から無事3種類食べられることになりました✨

 

今日は先生から、「ママがバイバイして途中でいなくなることも理解したし、一人で遊べる時間も長くなった。もう大丈夫。来週から契約通りの週3日でいらしてください😊」とのお言葉が✨

 

ついに!ついにこの日が来たか〜頑張ったね息子😭

 

と思う反面、

 

毎日少しの時間でも息子や先生、他の子どもたちとギャルドリで私も一緒に過ごすことが楽しかったし、他の子どもたちも私のことを覚えて好きになってくれて(おそらく!)私の膝の上に座りに来てくれたり、ある子はキスしてくれようとしたり(笑)、本当に私が楽しんでいたから寂しくなりました。。😢

 

 

こうやって子どもは少しずつ親から離れて成長していくんですね。それは嬉しくもあり、寂しくもあり。抱っこさせてくれたり、ベタベタさせてくれる今の時期をうんと楽しみたいです💖

 

毎日寒い中送り迎えに途中外出にと私がけっこう疲れたので、登園が週3回に減ることで少し休めるかな?他に外出できなかったのでまたお出かけできるなぁ!他の2日はうんとべったりしようね💕あとは先生の言っていることがわかるように、もっとフランス語で話しかけないと!なので私がフランス語を覚えないと!

 

来週から息子と私の新しいリズムのスタートです☺️