パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

フランスで結婚式に参加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フランスの結婚式に参加した時のお話。

 

f:id:great_journey:20191223015624j:image

 

正確に言うと結婚式ではなくパーティーです。区役所等で式を済ませたあとに親族や友人をたくさん集めて開いたパーティーに参加しました!

勝手がわからないので最初はドキドキしたんですけど、日本人数名と参加したのと、カジュアルめのパーティーだったので特に問題なく(?)過ごせました!

 

 

女性の服装は日仏で違う!

何を着ていこう?と迷い、ちょっと華やかめのワンピースで参加。(悩むならフランス人に聞けばよかったんだけど)

もしかしたらフランスの結婚式の中でも伝統的な式・カジュアルなパーティーなどで服装は異なるかもしれないので、参加することがあれば同席する方、またはフランス人に相談するのが良いかなと思います。


こういう場で日本人が着るワンピースは素材やデザインに凝ったものが多い気がします。私が参加したパーティーでは、フランス人女性は「ワンカラー・シンプルなデザイン」のワンピースの方ばかりでした。

イメージは「アメリカのデパートで売っているワンピース」。例えばこういうの↓

 

f:id:great_journey:20191222180056p:plain

f:id:great_journey:20191222180102p:plain

画像はこちらよりお借りしました↓
https://www.bloomingdales.com/shop/womens-apparel/designer-dresses/Pageindex/2?id=21683


ところ変われば全然違うものですね。シンプルなのにみんな似合う!

 

ちなみに男性はスーツ。すらっとした体格に無精ひげがなんともかっこいいフランス人。パリには太めの女性はいないけど、そういえば男性もそうだなぁと。(パリの女性は体型維持にめちゃくちゃ努力していると聞いたことがあります)

 

驚きのタイムスケジュール

招待状には「16:00集合」とあったものの、フランス人は時間通りに来ないだろうと踏んで16:10に行った私たち。(遅れても10分てのがビビリな日本人w)

当然(?)一番乗りで、しかも16:30まで次の人が来なかった。

 

その後パラパラと人が来だしたものの、それなりの人数が集まったのは18:00!新郎新婦の登場は18:30!なるほど、これがフランス時間か〜。

 

その間、17:00頃にお酒が振舞われ始め、その後生演奏による音楽が始まったのでダンスをする方々も。欧米の方はいくつでもダンスが上手ですよね!小学生低学年くらいの可愛い子からお年を召したマダムたちまで、本当にたくさんの方が陽気に踊っていました♪

 

新郎新婦が挨拶後、レストランに着席して食事がスタート。近くの席の方に話しかけたところみなさん英語OKだったので、同じ席のグループで楽しく過ごせました。

 

日本のように「司会者がいて進行が決まっている」ようなパーティーではなかったので、新郎新婦と写真を撮ったり話したりも自由にできました!

 

楽しく過ごせたのですが…とにかく急がないおフランス。食事のサーブもゆっくり、ウエディングケーキが出たのは22−23:00頃だったかな!?

 

16:00過ぎから参加していた私たちは疲れてしまい、ケーキを食べ終わったところで失礼することにしました。噂には聞いていましたがフランス人たちは朝の5時くらいまで夜通しお酒にダンスにと盛り上がったようです!

 

最後までは参加できませんでしたが、新郎新婦の門出に立ち会えて、そしてフランスのウエディングパーティーの雰囲気を楽しめてとても貴重な経験でした☆