パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

【欧州旅行】イタリア・アルバ:この時期だけ!本場で白トリュフを味わう(今ならパリでも!)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コロナの今年は開催されるのでしょうか。。

 

パリ在住中、毎年10-11月にイタリア・アルバで開催される「白トリュフ祭り」へ行ってきました。もし今後行かれる方がいればアルバで宿泊できた方が、ゆっくり過ごせますし近くにワインで有名なアスティという街もあるのでオススメです。
(もし開催されても私は今年は行かず来年以降検討かな、、)

フランスでは現在1日1万人規模で感染者数が増えているようですが、イタリアはどうなんだろうと調べたら直近で1日3,000人を超えてきたようです。各国どのレベル・対象者にPCR検査を行なっているかがわからないので一概に比較はできませんが。(パリ在住日本人でも友人や同僚がコロナになった話を伝え聞いています。日本でも近くの小学校で感染者が出たとか聞きますし、気づかない・知らないだけでもはや事例はたくさんあるのかもしれないですね)

イタリア、自宅以外でのマスク着用を全国で義務化 - BBCニュース

 

 

白トリュフとは?

私は欧州駐在のとある方のブログで見かけるまで「白トリュフ」を知りませんでした。イタリアの産地に日本から行くには遠いので、駐在中は特にこういう珍しい体験をする・地域へ行くようにしていました。

希少価値、食べ方等について詳しくはこちら

precious.jp

 

アルバを選んだ理由・パリからの行き方

イタリアの白トリュフ祭りは大きく分けて3地区であるようです。その中からアルバは最大規模であること、またパリからの移動のしやすさで選びました。

お祭り会場のチケットは事前予約制。会場に入れなくても外でも白トリュフは売っていました。

本当はアルバに1泊したかったのですがホテル予約に出遅れて予約できず!!電車が混むのでできればアルバで1泊して電車の時間をみんなとずらせると体が楽です。

パリからの移動は
 パリ→イタリア・トリノ(飛行機)で約1時間
 トリノ→アルバ(バスか電車)で約1時間
とあっという間!シンプル!

トリノのLingotto駅からアルバ直通電車に乗りました。トリノ自体もそんなに都会ではなかったので、一歩街を出たらこんな素敵な風景が広がっていました(車窓より)。


*ただしこの時期は大量の観光客が押し寄せていたため電車はぎゅうぎゅう詰め、この時ばかりはみんな座りたいので子連れにも譲ってくれるでもなくけっこう辛い移動でした。

 

アルバのお祭り会場

アルバは小さな街で駅も小さめ。トリノ行きの電車(みんなにとっての復路)も本数が少なく混むので、帰りは15時台と早めの時間に駅に行き車内で座れるように並びました!まぁ行きよりは人が少なかったですが。(大人だけのグループなら夜までワインを飲みながら楽しむかなぁ、遅くなるほど混むかな?と思い早めに帰りました)


駅を出たところからもう屋台が並びます。

 

だけど人が少なかったのはここまで。あとはほぼ街中、人・人・人!!


 

この奥に会場があるので進みます。この辺りはレストラン密集地(後ほどここでお昼をいただきました)。

 

会場の入口

 

事前購入したチケットを見せてグラスを受け取ります。イベント名や日時が印字されたこういうグラスが記念にいいんですよね。(ワイン2杯付き)

 

白トリュフの他にも名産品がたくさん売られていて目移りする!(ワイン、リゾット用お米、トリュフチップスなど)

 

 

白トリュフは香りが飛びやすいので蓋がされていたりケースに入れられたりしているものがほとんど。なのでむき出しで売られているものは買わない方がいいと思います。
白トリュフそのものを購入して自宅で食べるもよし、レストランでいただくもよし。



ワインテイスティングコーナー。白・赤・スパークリングから選べます。

 

白トリュフが味わえるレストラン(アルバ)

絶対ここへ行こう!と決めていたレストラン、なんとか予約が取れました。1階がカジュアル、地下が高級店らしい。子連れでどうかな、、と思いましたが地下もOKでした!しかもハイチェアあり。さすが子連れに優しい欧州。(写真は地下です)



メニュー 

 

アミューズのきのこ料理。美味しい。

 

ビールタルタル+黒トリュフも。(日本のみなさん、ヨーロッパでは牛の生肉をよく食べます。我が家も駐在中たっぷり食べてきました。。)

 

続いて白トリュフ!香りが飛ばないように包まれて出てきます。

 

白トリュフが一番合うと言われている目玉焼き(45€!)と、パスタもオーダー。パスタは味付けはほぼなし。目玉焼きも日本人が想像するのと違います。目の前で白トリュフをたっぷりかけてくれます。



 
1歳だったかな?の息子にはまだ生のきのこをあげるのは怖かったので香りだけ味わってもらいました 白トリュフが引き立つシンプルなお料理。素晴らしい香りに包まれて最高の経験でした。

Caffè Umberto
住所 Piazza Michele Ferrero, 4, 12051 Alba CN, イタリア 
英語サイトで予約可能です https://caffeumberto.it/en/


白トリュフが味わえるレストラン(パリ)

私の好きなパリ7区のイタリアンレストラン「L'inconnu(ランコニュ)」さん。メルマガを拝見していたら「アルバ産白トリュフと手打ちパスタが」がいただけるようです!!

期間限定だと思いますので気になる方は問い合わせをされてみてください。日本人スタッフさんも多いので、おそらくメールもお電話も日本語OKだと思います。

restaurant-linconnu.fr

www.europe-kosodate.com

 
ポチっとしていただけると励みになります。 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ