パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

モンテッソーリ教育の認可保育園「そらのいえ」@東京都大田区

スポンサーリンク

スポンサーリンク

以前ちらっと触れた「モンテッソーリ教育を取り入れている認可保育園」を紹介します。

 

触れたのはこの記事です。

www.europe-kosodate.com

 


私はそもそも認可保育園をほぼ調べていないので違うこともあるかと思いますが、私の中で認可保育園は以下のようなイメージがありました。

・HPの情報がリッチではない(掲載内容は保育理念、年間行事、問い合わせ先くらいのところも多い)

・親に代わっての保育が主であり知育や(モンテッソーリ教育などの)教育方針は取り入れていない

※私立園が取り入れているいわゆる知育(○○式や英語教育)があまりないという話であって、普通に存在する知育につながる遊び(積み木、ハサミやのり使い、絵本の読み聞かせ、お絵かき、工作などはある前提ですし、園庭があって体を使える、季節の行事や運動会などのイベントは圧倒的に認可保育園が有利)


認可保育園は「一律に同じ水準の保育環境を提供する」のでしょうか?個性のある園がないのは「モンテッソーリ教育を取り入れる等の独自性は打ち出せないから」なのでしょうか?(この点はなぜなのかわかりません。。)

 

そんな中見つけました!モンテッソーリ教育を取り入れている認可保育園。取り入れているだけではなく、HPを見る限りかなりいいと思いました。

それが大田区にある「そらのいえ」保育園です。

気になる方はぜひ全ページご覧になっていただきたいのですが、沿革や理念・モンテッソーリ教育の意味などもしっかり書かれていますし、お仕事環境もしっかりしている、認可保育園のメリットである年間行事も充実、そして長期休暇がない。


前の記事で「HPだけではわからないから見学すべき」と言ったのに真逆のことを言ってしまいますが「HPからあたたかさが伝わる」と私は思いました。でもそれは「デザインだけでなく中身が伴っているから保育園のあたたかさ・HP全体に信頼感がある」につながるんだと思います。


ただしやはり見学は大事!なので、ご興味があって通えそうな方は問い合わせされてみてださい。(認可保育園はそこの在住者または在勤者(在校も?)じゃないと通えないんですよね?)

 

こういう認可保育園が増えるといいな。


www.soranoie.jp