パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

パリの日本人幼稚園一覧
ギャルドリー(託児所)について
モンテッソーリ教育視点での家具選び
子育てママにこそAppleWatch!タイトルのテキスト

令和3年、港区ママが圧倒的に使用しているベビーカー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

9割このベビーカー!

仕事でもプライベートでも港区へ行く機会が多く、ベビーカーの勢力図(?)の変化に驚きました。

 

少し前まではyoyoが人気

BABYZENのyoyoというフランスのベビーカー。私が在仏時はこちらがパリで圧倒的に使われていましたが、東京(特に港区など)でも少し前はyoyo率が高かったように思います。

小回りがきいてコンパクトになっていいんですよね。ただし日本の熱い夏、低めのシートは照り返しで子どもが辛いかも、、?(それともどの位置でも暑いものは暑いのかな、、?)

 

取って代わったcybex(サイベックス)

ところが急に様変わり!今は港区のままの9割方サイベックスのMIOS(ミオス)を愛用していると思われます。すれ違う人みんなこちらを仕様!!

確かに素敵なんです。我が家の第二子のベビーカー、長男のもの(A型もB型もあり、しかも状態がいい)があるもののサイベックスいいな〜なんて思い調べたらお値段なんと10万円!さすが港区ですね〜。フレームはローズゴールドが圧倒的に多いです。かぶりまくってどれが誰のかわからなそう・・とは思うけれど、やっぱりみんな欲しくなるのかな?

まぁyoyoも同じようなお値段ですし、日本メーカーのものでも「A型のあとにB型に買い換える=2台買う」ことを考えたら結局10万円くらいになるので、サイベックスは1台で済むと思えば意外と高くもないのかも。
 

シートはフラットにできて生後1ヶ月から使用できるそうです。ただ私が見かける方は腰がすわってなさそうなのにシートを起こして、赤ちゃんがお尻ではなく腰ですわっていて体に良くなさそうだなぁと思うことが何度もあり。。なのでシートをフラットにできない仕様なのかと思っていましたが、できるのですね。 



ベビーカーとは違うのですが、「寝た赤ちゃんを起こさずに運べる」点に惹かれてサイベックスのトラベルシステム購入を検討したことがあります。車はないけれど。

実際にお店に行って持ってみたらとにかく重くて、、目的が「赤ちゃんの移動」だけならいらないかなと購入を断念しました。車移動が多い方には良いかもしれませんね。

hahahachibun.com

 

www.europe-kosodate.com