パリ・東京でモンテッソーリな子育て

日本人駐在妻によるパリ情報&モンテッソーリ教育の記録。パリの遊べるスポット、習い事、ギャルドリやモンテッソーリ幼稚園の情報なども。

息子1歳5ヶ月、インフルエンザにかかる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

息子がインフルエンザにかかった際の記録。

 

以前息子がガストロ(胃腸炎)にかかった時も本当に症状がひどくてかわいそうでした。高熱+嘔吐+下痢+食欲なし、薬を飲ませても全部吐く等…。その時も遊ぶことなくリビングに敷いたお布団に自分で横になって本当に一日中寝ていたんですけど、その時は唸り声みたいなのを出すけれどただただ寝るだけで。

 

今回はとにかく泣いて泣いて…でもまだ1歳ちょっとだから痛いのか苦しいのか、暑いのか寒いのか、食欲がないのか気持ち悪いのか、どこがどうでそんなに泣き続けるのか自分の状況を言葉で言えないからこちらも汲み取ることができず…。赤ちゃんの病気は全員が辛いですね…泣

 

※ドリプラン(解熱剤)は前回の服用から6時間空けてあげています。

 

ここからインフルエンザの記録です。

 

1日目

息子が朝起きてくると頬が真っ赤。明らかに熱がある顔。熱を測ると38.9度。ドリプランを飲ませる。お昼寝後に熱を測るとなんと40度😵再度ドリプランをあげると少し下がる。朝食、昼食時の食欲はいつも通り。

 

ぐずりがひどい(普段ぐずらない)。ぐずってぐずってどうにも家で過ごせず、ギャルドリ(託児所)は熱があってもOKなので連れて行く。部屋に入るとギャン泣き。先生に「お昼には40度あったけれど今は下がっていて」と言うとさすがにびっくりされ、まだ熱があるようだし泣いているからいつもより早めに迎えにくるように言われる。

 

16:30に迎えに行くと息子は泣いた顔。結構泣いて、グテ(おやつ)はヨーグルトだけ食べ、そのあと2回も吐いたとのこと。ベビーカーで家に着く前に寝ていました。ベッドに移して寝かせ、結局この日は晩御飯を食べずにずっと寝ました。途中二度ほど泣いて起き、熱は40度まであがり、そんなに熱いのにほぼ汗をかかなかったです。

 

2日目

朝、熱は下がっていない。朝ごはんにドリプランをあげる。ほとんど食べない。いつもより早くお昼寝を始める。さすがにこれはまずいとアメホスを予約しました。

 

お昼過ぎに起き、ご飯はほとんど食べない。熱が39度台なのでドリプランをあげ、病院へ。ベビービョルンで抱っこしたままウーバーに乗り、親子で密着していた&車内が暑くて息子、やっと少し汗をかきました。そのおかげか病院に着いた後は熱が38.3度まで下がる。診察、インフルエンザの検査をしてその他薬の処方箋をいただいて帰る。

 

インフルエンザの検査結果は電話で確認。「インフルエンザAが陽性でした。タミフルをあげてください。」と言われる。

 

息子は食欲がないけれど「ヨーグルトならさっぱりして食べられるかな?少しは栄養も取ってほしい」と、『ヨーグルトにタミフル・抗生剤・ドリプランを混ぜたもの』と『納豆おかゆを一口』『ミルク』をあげる。その際、息子はぐったりして起きることができなかったので私が体を起こして食べさせたり、向きを変えたりしていたら嘔吐。飲んだばかりの薬も…。かといって再度あげることもできず…

 

息子に無理やり色々食べさせて吐かせた申し訳なさ(初めての子育て、何か食べないと栄養が取れず治るものも治らないのではという思い込みで毎回ご飯を作ってしまった)せっかくの薬を吐かせてしまって翌朝までもうあげられないこと母親としてのダメさ加減に涙が出る。私が泣いたってどうにもならないのに…。後から「嘔吐している時にヨーグルトはNG」とネットで見る。そうだ、ガストロの際にもこれ読んだんだった…学習しないダメな母親だと再度自己嫌悪。
※ちなみにこの日夫は不在。理由は後述。

 

3日目

朝少し熱があるも、お昼寝前には下がる!でもインフルエンザA型は下がっても再び熱が上がることがあるらしく、これはきっと下がっていないはず…と疑う。

 

薬はドリプランをやめ、朝晩にタミフルと抗生物質、1日1回の整腸剤をあげる。今日もギャルドリは休ませる。やはりぐずることが多いけど、1・2日目に比べて遊ぶことも増えた。結局この日はもう熱は出ず。ただし下痢がひどい。5回くらい下痢をした。

 

それとお昼寝時、何度か起きては座って隣で寝ている私に突進してきたり登って暴れたりと、インフルエンザ?タミフル?高熱?か何かの影響か副作用??と思われるような、動物みたいな行動をして怖かったです…。

 

4日目

息子、6:10に起きる。熱はない。7:00には朝ごはんを食べ終わる。ずっとぐずる。息子、「パン、パン!」と言い続ける。

 

実は3日連続で「パン!」と言われ、食べたいんだろうな〜と思いつつ結局食欲もないし消化によくなさそうだからと買わずにいました。でも3日間も「パン!!!」と言っているし元気だし、このぐずりで家にいると無理だ…と、朝8:00に一緒にパンを買いに出かける。

 

パン屋さんに行きバゲットを買う。息子に持たせると家に着く前にかじりついていた。家に戻ってからもおやつと称して結構な量を食べる。熱もないし食欲も復活か!?と少し安心する。

 

ところが夕方から妙に大人しくなり、普段午前中のお昼寝以外は寝転んだりしないのにリビングに敷いたお布団に自分から寝転がり動かなかくなる。眠そうではないけれど目がうつろで朦朧とした感じ。やばい、これは熱があるなと測ると38.6度。熱がぶり返した。夜からドリプランを追加する。

 

5日目

熱は38.3度くらいで上がらないけど下がりもしない。起きている時間のほとんどを泣いて過ごしたが、そもそも午前も午後もほとんど寝ていた。体調不良ゆえ?薬の副作用?

 

夕方は17時近くまで寝ていたのに、ご飯を食べ19時過ぎにはもう寝た。ご飯の後辛そうだったので、この日初めてドリプランをあげる。

 

6日目

朝、熱は37.8度。少しだけ熱あり。午前中はまだグズグズ。

 

昨日までは大半を寝て過ごしていたのが、この日は少し歩くようになった。でもしばらく体調不良で歩いていなかったせいか、寝ていて筋力が落ちたのか、歩きが不安定になる(まだ完全に安定していなかったしね…)。抱っこの要求も普段より多い。日中は平熱に戻るも、夜また少し熱が出たのと辛そうなのでドリプランをあげて寝かせる。

 

夜中39度まで熱が出て何度も起きて暴れ(これも今まで見たことがないギャン泣き、突進、本当に暴れ狂う、みたいな行動)、ドリプランを飲ませて寝かせました。

 

いつもはベビーベッドで寝かせていますが、この日だけは大人のベッドに寝かせました。布団をけってしまうので、私が横にいて常に布団をかけられるように。(部屋は寒くないけど病気なので)

夫曰く大人のベッドは暑いからそれで熱が出たんじゃないかと…。真相はわからないけれど。息子がもっと小さかった頃は大人のベッドに全員で寝ていたので、防水シートを敷いていたんですよね。それで暑いんじゃないかと。冷え性の私はわかりませんが。

 

※インフルエンザ特有の体の痛みとか、まだあるのかなぁ?ドリプランをあげるとやっぱり元気になるんですよね。熱が下がる+痛みとかが取れる、なのかなぁ?

 

7日目

終日熱はなし。ぐずりはひどいまま。それでもここ一週間の間で一番歩いて遊ぶ!夕方には元気いっぱいに。

 

 

と、長くなりましたがこんな感じで本人も親もかなり辛かったです。いや、親は熱が出たりしてていないんだから、それで辛いなんて息子には申し訳ないか、、

 

 

インフルエンザは大人だと4-5日目にはすっかり元気になっている気がするけど、息子は結構長引きました。次の冬からは絶対ワクチンを打とう。子どもは2回打たないとだし(日本では。フランスではどうなんでしょう?)、打ったからと言ってかからないわけではないけれど、軽く済むなら絶対その方がいい。それくらい、本当に辛そうでした。

 

 

そして夫が不在だった理由。実は息子の発熱翌日から家族でドイツ旅行の予定だったのです…。航空券もホテルももうキャンセルが効かないのでかなり高額な旅行代を全額捨てるか、せめて親のどちらか一人だけでも行くか…。

 

夫が数日一人で全ての面倒をみられるとは思えないので、私が残って夫を旅立たせました。夫は結局息子のことがずっと気になり、ホテルで朝の5時まで眠れない日もあったそうです…。なので無理言って後半のホテルを無料でキャンセルしてもらい(ホテルに感謝!)、追加で航空券を取って少し早めに帰ってきました。

 

冬は体調を崩しやすいし、旅行の一週間前くらいから極力人との接触を減らして旅行に備えないとなーと今回思いました。インフルエンザの原因、思い当たる節がありまして…。でも誰も責められないし、前半だけでも夫が行けたのでまだ良かったな、と思うようにしています。

 

夫だけ行った某三つ星レストランから「来られなかった奥様とお子様へ」とプレゼントまでいただいて…。今度は家族で訪れたいと思います!!

f:id:great_journey:20180403054113j:imagef:id:great_journey:20180403054119j:image

 

リッツ・カールトンのライオン🦁f:id:great_journey:20180403054126j:imagef:id:great_journey:20180403054131j:image

 

☆やB!ブックマーク、ブログ村をポチッとしていただけると励みになります。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ