パリで子育て:子連れスポットやママが楽しめるパリ情報を紹介中!

日本人駐在妻の子育て日記です。主に就園前(0〜3歳)の子どもを連れていける場所を散策・紹介しています。他にもフランスでの育児、習い事、ギャルドリや現地私立幼稚園の情報なども。

パリでインフルエンザ検査とタミフル

スポンサーリンク

スポンサーリンク

インフルエンザ検査とタミフルが買えなかった話。

 

息子がインフルエンザにかかりました。検査はアメホスにて。

 

以前周りの在仏日本人に「何の検査もなしにインフルと診断されて処方箋を出された」という話を聞いたことも(おそらくアメホス以外の地元ジェネラリストに受診なのかと)。それって適当じゃない!?とちょっとびっくりしたんですが、今回タミフルについて日本のサイトを色々検索していたら日本でも「明らかにインフルエンザと思われる場合は、検査せずとも医師の判断で薬の処方箋を出す場合がある」と書いてあるサイトも。あとは予防としてタミフルを出すとか?

 

今回我が家が使ったフランスのタミフルの説明書にも「インフルエンザの人が飲む場合」「予防として飲む場合」と記載があったので、予防にも飲めることを初めて知りました。

 

*上記の話はネットの情報や医者ではない人間のコメントなので鵜呑みにはせず、正確にはお医者さんに確認してくださいね*

 

検査方法

息子も私もアメホスでインフルエンザの検査を受けたことがありますので、大人と赤ちゃんの場合を記載します。

 

★内科(三村先生

検査方法:鼻水を綿棒で取る(日本と同じ)

検査結果:その場でわかる

 

★小児科

検査方法:①ラボで採血 ②ラボで鼻に綿棒 の2種類

検査結果:数時間後に先生から直接電話で連絡がある(もしくは自分で電話)

*息子が見てもらっているとあるドクターの場合です。ドクターが変わると方法が異なるかもしれません。

 

息子は今まで2回インフルエンザの検査をしていて、最初は「ラボで採血をしてね」と言われてなんの疑問も持たずにしたんですけど(この時は陰性)後で『なんで?』と思ったので2回目は鼻でできないかお願いしてOKでした!にしても、それでもなぜその場で結果が出ないんでしょう?これも聞けばよかった。

もし子どもも三村先生の方法ですぐ結果が出るなら、インフルエンザが疑われる時は三村先生に診てもらいたいな。(赤ちゃんもこれができて、すぐ結果がわかるかは不明。次回聞いてみようと思います。また、小児科医に診てもらえるのはある程度の月齢になってからです。)

ただ、他にも症状がたくさんあるようなら結局小児科と迷ってしまうけど。

 

タミフル

アメホスで処方されたタミフルは大人と子どもで異なりました。他の薬(解熱剤のドリプランなど)でも同じ種類で量?が違うので薬は異なって当然だと思うんです。

 

それが、とある日本人ママから「私がインフルエンザになって明らかに子どもにも移ったからドクターに電話したら、私の薬のカプセルを割って少し量を減らして子どもにあげてと言われた」という話を聞きました。これについて日本の小児科の先生に聞いたら「おかしい、日本ではしない」とおっしゃっていたと思います。これを言ったのはフランス人ドクターなのかな?おそるべしフランスの医療。(これもアメホスではなさそう)

 

★大人用

写真の通りカプセル。f:id:great_journey:20180402042301j:image

 

★子ども用

瓶の中身は粉。瓶にキャップのメモリ通りの水を入れ、よく振って溶かします。

飲ませる量・回数は年齢・体重によって違い、決まった量と回数を与えます。スポイトは容量によって2種類あり、飲ませる量によってどちらかを使います。

f:id:great_journey:20180330062454j:imagef:id:great_journey:20180330062530j:image

 

息子は鼻水もひどかったので一緒に抗生物質、整腸剤(抗生物質を飲むと下痢になることがあるのでその対策)も処方されました。タミフルは他の薬と飲み合わせても大丈夫なんですね。大人だとタミフルしか飲まないから知りませんでした。あとは高熱の時はドリプラン(解熱剤)も一緒にあげました。

 

小児用タミフルが買えない!

息子が最初にインフルエンザの検査を受けた際に「検査結果は夕方〜夜に電話で伝えます。このタミフルを置いている薬局はそんなにはないから、まずは帰ったらすぐに買いに行き、結果が陽性ならすぐ飲ませるようにしてください。」と言われました(この時は結局陰性)。今回息子にあげたタミフルはその時に買っていたものでした。買っていなければ期限までに飲ませられなかったかも。

 

そうは言っても何軒か回ればどこかには置いてあるだろう…と思っていたら薬局を何軒回っても置いてない!近所の薬局にとても親切なムッシューがいらっしゃって、近隣の薬局数軒に電話をしてくださったのですが全滅。「おそらくパリの薬局の店頭では買えないから注文した方がいいよ。注文すれば明日朝8時にはもう届いているから」と。フランスの荷物の配達事情はひどいと聞くのになにこの薬局向けの配送レベル!

ちなみに大人用のタミフルは一軒目の薬局で買えました。

 

今回息子がインフルエンザになり、つきっきりで看病していた私に移らないように大人用のタミフルを買いに行き、予防として飲みました。フランスではタミフルは処方箋なしで買えるんですね…びっくり。

 

子どものインフルエンザ罹患時のタミフル投与に関しては、私の知り合いのドクターは「あげなくてよい」と言う意見ですし、HPを開設されているお医者さんの中にはご自身のお子さんにあげていらっしゃる方もいらっしゃるので、お医者さんの中でも意見が分かれるようですね。

 

<参考>

WHO、タミフル格下げ 必須医薬品リスト :日本経済新聞

苦いタミフルドライシロップの飲ませ方|33歳女医、やっと子どもができた頃

インフルエンザについて | ぱぱしょー.com

 

次回は息子のインフルエンザの経過について書きます。 

 

*息子2歳にパリでインフルエンザの予防接種をした話はこちら*

www.europe-kosodate.com

 

☆やB!ブックマークをしていただけると嬉しいです。はてなブログをされていない方はブログ村をポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村