パリで子育て:子連れスポットやママが楽しめるパリ情報を紹介中!

日本人駐在妻の子育て日記です。主に就園前(0〜3歳)の子どもを連れていける場所を散策・紹介しています。他にもフランスでの育児、習い事、ギャルドリや現地私立幼稚園の情報なども。

フランスでミルトンを買う

パリでミルトン探しに奔走した時の話です。

 

息子が生まれてから哺乳瓶、おもちゃなどの消毒にはミルトンを使用していました。渡仏時に荷物が多すぎて(船便はとっくに出していたので)、ミルトンは買えるだろうと日本においてきたんですよね。

 

で、いざパリでミルトンを買おうとしたらどこにも見当たらない

 

薬局、子ども雑貨店など何店舗も探しまわって買えなかった。そこで出た、私の中での結論「フランス人は消毒しないのでは」。(アメリカは食洗機に突っ込んで終わりのようです )

※後日フランス人と結婚した友人に聞いたら、フランス人は消毒しないとのことでした(全員かはわからないけど)

 

洗浄&除菌の重要性についてはこちら

milton.jp

 

結局どこで買えたのか?

アマゾンです!困った時のアマゾン。我が家はフランスでもアマゾン愛用です。治安がいい地域ですし管理人さんがしっかりしているアパルトマンなので、届かなかったことは一度もありません。(地域によっては宅配が危ない(届かない、届いたそばからとられる等)ところもあるようですのでご注意を)

 

↓本体とタブレットの画像

f:id:great_journey:20190429184704p:plainf:id:great_journey:20190429184614p:plain

 
ミルトンのパッケージは英語、フランス語ともう1ヶ国語で書かれています。


フランス版の薬液の作り方

水5リットルにタブレットを1つ入れ、15分で消毒完了。
日本のミルトンは消毒に1時間かかるので、フランスのものはそれだけ強力ってことですかね…(もしくは薬事法などによる違い?)。薬液効果は24時間で、日本と同じ。

 

5リットルと容量が多い(大きめの哺乳瓶が入る)のも日本との違い。ケースの底には哺乳瓶を置く位置が6本分あります。フランスは日本よりミルク育児が多そうなので、哺乳瓶も大容量のを消毒できるようにミルトンも大きいのかな?と思ったり。

f:id:great_journey:20190429163433j:image
 
日本のタブレットは確か2リットルに1粒だったと思いますが、タブレットはフランスのが断然大きいです。おもちゃや離乳食グッズを消毒するのには容量が多い方が便利。 

 

使用する水は水道水でいいのかわからないので、ブリタで浄水した水を使っていました。買ったミネラルウォーターはもったいなくて。f:id:great_journey:20190429163457j:image

 

なんですけど、、これが時間がかかる。5リットル分ですから1回でいっぱいにならずにブリタに補充→水ができるのを待ってミルトンへ、と。なので最後の方はもう水道水を足していました。←えっ
f:id:great_journey:20190429163454j:image

 
あと、日本のミルトンのタブレットはチャイルドプルーフ?とかいうので、ハサミでしか開封できないようになっていますよね。子どもが開けてしまわないように。
ところがフランスのは簡単に手で破けました…。やはり日本と海外では色々と違いますね。
 
フランスのミルトンはこんな感じです。

 

<おまけ>
フランスのミルトンの容器で、日本から持ってきたミルクポンのサンプルも使ってみました。
ミルクポンは1包を水2〜4リットルに溶かす、とありました。どうしてそんなに幅があるんですかね…ミルトンユーザーには理解できません。 

 

<アマゾンフランスのリンク>

★本体

https://www.amazon.fr/Milton-Lloyd-8375313-Bac-stérilisation/dp/B001RYOPAE/ref=sr_1_12?__mk_fr_FR=ÅMÅŽÕÑ&keywords=milton+bebe&qid=1556531039&s=gateway&sr=8-12

 

★タブレット

https://www.amazon.fr/Milton-Stérilisation-comprimés-28-Paquet/dp/B010SMAETQ/ref=sr_1_3?__mk_fr_FR=ÅMÅŽÕÑ&keywords=milton+bebe&qid=1556531039&s=gateway&sr=8-3