パリで子育て:子連れスポットやママが楽しめるパリ情報を紹介中!

日本人駐在妻の子育て日記です。主に就園前(0〜3歳)の子どもを連れていける場所を散策・紹介しています。他にもフランスでの育児、習い事、ギャルドリや現地私立幼稚園の情報なども。

モンテッソーリ幼稚園 6日目

下書きのままだったので今更6日目の記録をアップ。。(追って時系列に並び替えます)

f:id:great_journey:20190109200135j:plain

この日はバナナと水(マグ)を持って登園。息子は水が大好きで家ではかなりの量を飲みます(いいのか悪いのかわからないけれど飲みたがるので止められない…)。幼稚園では好きに飲めないのでは?喉が乾いているのでは?と、マグの持ち込みが可能か聞いて見るとOKとのことで持って教室へ行きました。

ところが先生に幼稚園でお水を飲めるのか聞くと「息子さんはピッチャーでお水をコップに入れるお仕事をしてよく飲んでいますよ」とのこと!心配無用でした。

 

登園して先生とjardin(公園)の話をしていたら息子がそれを聞いて「じゃーだん いく!」と言って履き替えさせた内ばきを「ぬぐ!じゃーだん!」と言って脱いで外ばきに履き替えようとし…

なんとか内ばきを履かせて先生に引き渡すと泣く。それでも先生にお仕事を提示してもらったらそちらに気が行ったようで、私がまだ入口にいるにも関わらず私の存在を忘れて泣き止みました!!

 

登園して泣き始めるタイミングも「幼稚園に入る前に外から」→「幼稚園に入ってから」と遅くなったので少しは慣れてきた様子。クラスメイトのCちゃんのことを覚えたみたい。(パパが日本語を話せるので親同士よく話すし、休日に公園で会ったこともある)

 

この日の様子

・持たせたバナナを食べた

・お昼寝は2時間した

・起こしたら泣いた

・眠かったのでまだ疲れている

 

先生に何のお仕事をしたのか聞いたら「毎日は答えられない。今度ある父母会で説明する。彼は一日中同じことをする時もあるし、それが数日続くこともある」とピシャリ。この先生は厳しい人なので余計怖かった。。(3人中2人は優しく1人が怖い)

 

この父母会についてはメールが来ていて、本文に「覚えていますか?父母会がありますよ」と書かれていましたが全く聞いた覚えがなく。夫に聞くと「あぁ…確か見学会の時にあるって言っていたよ」と。それって言ったことになる!?それとも6月の事前説明会でも言われたのかな?私がフランス語がわからなかっただけで。

息子を連れて参加できるのか、できないならシッターさんを手配できない気がするので私だけ参加かな。

先生は「父母会はフランス語で進行するけど英語でもできれば話すわね」とのこと。教具を見せての説明なら言葉がわからなくても使い方を提示してもらえれば理解できるでしょう。私の勉強のためにもぜひ参加したい!

実際は具体的なお仕事内容等の話ではなかったです。保護者会の様子はこちら。 

www.europe-kosodate.com