パリで子育て

日本人駐在妻の子育て日記です。主に就園前(0〜3歳)の子どもを連れていける場所を散策・紹介しています。他にもフランスでの育児、習い事、ギャルドリや現地私立幼稚園の情報なども。

パリジェンヌ マラソン③ 大会当日とメダル

いよいよ大会当日!

 

コース

集合はシャンドマルス、そこから歩いて橋を渡りトロカデロからスタートしパリの街を走り抜け再びシャンドマルスへ戻ってきます。練習は結局1回しかせず…。一度街中を走ってみて1時間以内に走りきれたのでなんとかなるだろうと…素人なのにこんなのでいいのでしょうか。

f:id:great_journey:20180924174727p:plain

 

集合とスタート

記事②の通りスタート時間は3パターンから選べます。何時にどこへ集合して何時にスタートと細かく書かれています↓

f:id:great_journey:20180924175231p:plainf:id:great_journey:20180924175235p:plainf:id:great_journey:20180924175237p:plain

 

事前にリストバンドをもらった通り、私は「ローズ(ピンク)」のスタートです。

f:id:great_journey:20180907220452j:plain

 

エコール・ミリテール側からシャンドマルスに入ります。sac(バッグ)の有無で入口が異なり、バッグがある場合は荷物チェックを受けます。

f:id:great_journey:20180924185216j:image

荷物は携帯くらいしかないので預けませんでした。資料には「ロッカーがある」と書かれていたと思いますが、実際はテントに山積みになって番号の紙を貼られた荷物を見かけたのであれのことだったのかなぁ。さすがに貴重品を預ける方はいないと思いますが、ちょっと心配なので荷物は最小限で参加した方がいいかも。


f:id:great_journey:20180924185219j:image

この日は朝こそ寒かったですが日が差すと暑いので半袖で十分でした。パーカーを着て行こうか迷ったけど走って行ったので体が温まったし、周りもほとんど半袖で来ていました。ただし出発までが本当に長くてじっとしている間にどんどん寒くなってきたのには困った!

★企業チームでお揃いのオリジナルTシャツを着ていたりコスプレをしたりという人も多かったです!

f:id:great_journey:20180924185246j:image
f:id:great_journey:20180924185242j:image

 

私は思いのほか早く着いてしまったのと、リストに書かれていた移動時間ほどシャンドマルス内での移動に時間がかからなくて待機時間が長くなってしまいました。なので「朝が弱い!」とか「パリまで遠い!」とかではない限り、私は一番最初のスタート(2018年で言えばブルーの8:45-9:15スタート)をオススメします。

↓最初は左の「ブルー」の看板しか出ていなくて、ブルーの方々が移動しきる前に「ローズ」の看板が出て入ることができました。それまでここで待機…。

f:id:great_journey:20180924185320j:image

ほとんどが複数人で参加しているのでまぁしゃべるしゃべる。ガヤガヤうるさい(笑)私は「写真を撮ってください」とお願いされたマダムに「あら、あなた一人?良かったら私たちと一緒に走らない?」と言っていただいたのですが、マダムたちはブルー、私はローズとグループが違ったので残念ながらご一緒できず。にしても優しい素敵なマダムでした♡
f:id:great_journey:20180924185316j:image

 

トロカデロでは演奏やマイクパフォーマンスが行われて参加者の士気を高めます。ノリノリで踊りだす参加者も。何に時間がかかったのか本当にわからないんですけど最初のスタートは8:45のはずが結局10:20となり、私は10:45頃のスタートとなりました。フランス、、呆れます。が、そんなのでイライラしている人は全く見かけず。さすがフランス人です。

f:id:great_journey:20180924185400j:image
f:id:great_journey:20180924185356j:image
f:id:great_journey:20180924185351j:image

スタートゲート!
f:id:great_journey:20180924185348j:image

 

走りながら・・・

コースは車が止められているので普段は走れない道やトンネルを走ることができます!パリは私からしたら街全体が歴史的建造物のかたまりのような街なのでどこを見ても絵になる!こんなところを走ることができて大興奮。

f:id:great_journey:20180924185442j:image
f:id:great_journey:20180924185439j:image
f:id:great_journey:20180924185428j:image

シャンゼリゼ通り!
f:id:great_journey:20180924185436j:image
f:id:great_journey:20180924185432j:image

 

また、途中でたくさんの一般の方々が演奏をしていて「疲れた、歩きたい」と思っても再度心を持ち直すことができました。女性だけのマラソン大会なので「妻・ママ」を応援する男性ご家族の姿もあちこちに。「ママ、頑張れ♡」という手作りのプレートを掲げて応援するパパと息子さんの姿にはこちらもほっこりしました。私の夫と息子も応援に駆けつけてくれました!

 

アンヴァリッド前の4km地点に給水所があり水とバナナをいただけます。ここで歩いたのみで完走!今回の目標はタイムではなく「歩かないこと」だったので目標達成!これも沿道の演奏と応援のおかげです。

 

走り終わると・・・

エビアンのブースが出ているのでお水をもらえ、歩きながら呼吸を整え出口に向かいます。

f:id:great_journey:20180924185511j:imageその後たくさんのブースが出ているので順番に回って色々いただいて帰ります。まずはオリジナルトートバッグ。ここにパンフレットの他にメダルも入っていますのでお忘れなく!その後食べ物や飲み物、カルフールからは一輪のバラまでいただいて終了。

f:id:great_journey:20180924185547j:image
f:id:great_journey:20180924185540j:image
f:id:great_journey:20180924185536j:image

心地いい疲れ。
f:id:great_journey:20180924185551j:image

沿道で応援していてくれた私の夫と息子はシャンドマルスに移動してくれていて、ゴールで合流。疲れたけど楽しかった〜☆いい思い出となりました。

 

写真とメダル

後日メールで自分が写った写真へのリンクが届きます。ただし写真中央にドドンと大会ロゴが入っていてロゴなしの写真は購入制。儲けますねぇ。

さらに後日郵便が届き、名前とタイムが印字されたプレートが入っていました。私メダルをちゃんと見ていなかったんですけど、メダルの裏にプレートサイズの穴があって「届いたプレートを貼るとメダルが完成する」というもの。↓右の青い用紙が後日届いたものです。

f:id:great_journey:20180924165603j:image

 

貼り付けたらこうなりました!完走後にメダルが入った袋を全員がただもらうだけ、というのは物足りない感じがしましたが(子どもの頃にもらう大会のメダルはその場で直接かけてもらえますよね)、その気分がこれで少し穴埋めできたかな。
f:id:great_journey:20180924165528j:image

 

最後に・・・

靴好きの方から聞いたオススメの靴。ナイキの「フリーラン フライニット」という靴は、軽くて靴下しか履いていないかのような感覚らしいです。デザインも色も様々。短距離向けらしいのでどれくらい走る人までいけるんでしょうね?