パリで子育て

日本人駐在妻の子育て日記です。フランスでの育児、赤ちゃんの習い事、現地保育園の情報などをアップしていきます。

お弁当箱などの食器・雑貨が充実「plastiques 」

息子の幼稚園のお弁当箱を求めて、パリ6区にある plastiques へ行ってきました。

 

立地

レンヌ通りの一角にあり、ボンマルシェ、リュクサンブール公園、サンジェルマンデプレから徒歩圏内。季節に応じた食器などがオシャレに飾られているので、歩いていればすぐに見つけられると思います。

※同じ店名の生地屋さん(おそらく系列店お店)が2軒ほど隣にあるのでお間違えなく。

f:id:great_journey:20180414050537j:image

 

日本製も充実

日本のお弁当箱や水筒も取り扱いあり。質、使い勝手ともに日本製は最高だと私は思うので、日本人にはうれしいお店です。

もちろんおしゃれな外国製も沢山あります。f:id:great_journey:20180414050543j:imagef:id:great_journey:20180414050551j:image

付属するのが「ナイフ、フォーク、スプーン」なところがフランスらしさではありますが(写真上)、お箸も売っています。しかもエッフェル塔モチーフ!f:id:great_journey:20180414050558j:image

他にも歯ブラシたてやソープ入れなどもあります。f:id:great_journey:20180414050608j:image

 

子ども向けも充実

お店の奥へ進むと子ども向けのコーナが広がります。お弁当箱はもちろん、自宅で使うトレーや食器なども様々なデザインがセットで売られています。

f:id:great_journey:20180414050623j:image

かわいくて目移り!迷う〜f:id:great_journey:20180414050629j:image

うちの子はおそらく大食いなので(笑)、3段がセットになったこちらを購入しました。一番左のように大きさ違いで3つあり、食べ終わったら中に重ねて1段になるのです。これならかさばらないし、場合によっていくつ使うか変えられて便利そう。13ユーロでした。f:id:great_journey:20180414050635j:image

 

問題は自分で蓋を開けられるのか?その時にこぼさないか?ですが、まぁそれはどのお弁当箱でも一緒かなぁ。日本だと開けやすいものとかあったりするのかな?

日本なら子どもに人気のキャラクターものはもちろん、曲げわっぱとかもいいなぁ。

 

そして…幼稚園の申込時には「給食ではなくお弁当」で申し込んだのですが、なんと「来年は全員給食になりました」というオチ!実は給食に切り替えたいと思っていたのでラッキーだったんですけどね。お弁当はピクニック用に活用しています♪

 

plastiques

住所:103 Rue de Rennes, 75006 Paris

Google マップ