パリで子育て

日本人駐在妻の子育て日記です。フランスでの育児、赤ちゃんの習い事、現地保育園の情報などをアップしていきます。

PMIで絵本の読み聞かせ

息子が通うPMI(保健所のようなところ)のイベントに参加してきました。

 

こちらのPMIは週に2回だけ午前中に自由に入れる日があります。1日は「何でも自由に遊べる日」、もう1日は「絵本の読み聞かせ、歌」のアクティビティの日。後者に初めて参加してきました。

 

その前に…

自由に遊べる日の様子はこちら。ここのPMIはけっこう広くて、左側がねんね期の赤ちゃん向けスペース、右側にボールプール、キッチンのおもちゃ、オムツ替えや小さい子どものおトイレスペースがあります。子どもトイレは同じ空間だけど仕方ないですよね…。

f:id:great_journey:20180405072906j:image

 

息子はボールを投げるのが大好き!赤ちゃん側に投げないかヒヤヒヤ。

f:id:great_journey:20180405072911j:image

 

工具のおもちゃもあります。これも大好き。

f:id:great_journey:20180405072916j:image

 

他にも絵を描けるところ(エプロンもあります)、机と椅子があって粘土遊びもできます。

 

 

読み聞かせのある日は大きなおもちゃは片付けられて、広いスペースに「クッション、絵本、多少のガラガラなどの小さなおもちゃ」が並べられています。読み聞かせだけでなく歌の時間でもあるので、歌詞の紙も配られます。ある程度人数が集まったら、スタッフさんたちが順番に絵本を読んで、歌を歌って(これはみんなで!)くださいます。

最初は絵本を開いたり近くにあるおもちゃで遊んでいた息子ですが…途中から片付けられている大型おもちゃを見つけて遊び出したり、読み聞かせスペースから離れて部屋中歩き回ったり。スタッフさんから「気にせず自由に遊ばせていいですよ!」と言っていただけたので遠慮なくそのまま遊ばせてもらいました。

 

息子は好奇心の塊で気になると一目散になってしまうので、読み聞かせはじっと聞いていられるようになってからか、まだハイハイしないねんね期の方が良かったかなと思いました。1歳児でもおとなしく座っている子であれば楽しめそうです。私は絵本でフランス語が勉強できそうだったので、それも良かったです。

 

こちらのPMIは本当にスタッフさんたち皆さん優しくて、とっても過ごしやすい、素敵なPMIです。