パリで子育て

日本人駐在妻の子育て日記です

一時帰国:私の人間ドック

一時帰国中に人間ドックを受けました。

※読みづらかったので記事を修正しました。

 

私は退職したので夫の扶養で受ける初の人間ドック。この話はあくまで我が家の健保組合の話です。各健保組合によって色々異なるとは思います。

私の場合は以下3パターンから選択。

 

①東京の検診センター

金曜日のみ。ここで全ての検査項目を受診可能。自己負担額 約10,000円。その場で支払い。FAXで予約←衝撃

 

②提携病院(全国にあり)

上限7,000円まで補助、それ以上は自己負担。その場で差額分を支払い。電話で予約。

 

③地元の非提携病院

希望病院の受診可能項目によっては一箇所で終わらないので、その場合は複数病院へ行く必要あり。上限7,000円まで補助、それ以上は自己負担。一旦全て払い、後日健保組合へ領収書等を添付して還付申請。電話で予約。

 

①の場合、飛行機の日本着が土曜日。実家が地方なので赤ちゃん連れで東京に一週間いるのは大変。。

(東京にも家族が住んでいるのでお世話になれるのですが、息子のお世話グッズとか離乳食作りとかを考えると早く実家に行きたかった)

 

②なら地元にもある。まずは②希望で実家に戻ってから最寄りの提携病院へ問い合わせすると「早くて3ヶ月先になります」と😱何箇所か電話をしたけど全滅。パリにいる時に親から予約してもらえばよかった、、

 

ということで③しか方法が無くなったのです。

 

なるべく一箇所で済ませるべく、一番近い総合病院に電話をしました。さすが総合病院。「検診センター」があって毎日人間ドックが行われているそうです✨

 

も、やはり直近は予約でいっぱいだそうで、そこを「海外に戻らないといけなくて…」と無理を言って押し込んでもらえました。感謝🙏

ただしここで受ける場合は以下3つが別になるそうで、婦人科検診は予約ができないので好きな日に普通に婦人科並んで受けてくださいと言われました💦ここは産科もあるので妊婦さんでものすごく混むという噂…。

 「基本検診+バリウム」→要予約

 「乳がん検診」→要予約

 「婦人科検診」→予約不可

 

息子を預けて3回も病院へ行くなんて大変と思い、正直全部は受けないという方法もあったけれど、小林麻央ちゃんのこともあったし全部受けようと決めました。

親に息子を見ててもらい、総合病院で「基本検診+バリウム」「乳がん検診」を2日に分けて、個人の婦人科病院で「婦人科検診」を、計3日に渡って受けました。

 

支払いは合計35,000円くらいになりました…7,000円の補助がかすむ😂なんで全額補助してくれないんでしょう??自分が会社員であることって素晴らしかったんだなぁとこの時に思いました。

しかも‼️③の場合は7,000円の還元のために申請書と領収書を健保組合に送るんですけど、その際に「全検査結果のコピー」まで要求されるんです😤健保曰く『指定の検査項目を受けたかの確認のために必要』とのことなんですけど、個人情報(?)プライバシーの侵害(?)も甚だしくないですか⁉️女性の気にする身長体重← の他、病気とかだったら知られたくないし!確認は必要なのはわかるけどひどいなぁと思ってしまいました。。

 

検査結果は1つを除いて健康そのもの!その1つとは心臓について。その指摘についての但し書きには「若い人、痩せている人に多いので心配はいりません」と。若くもないしたいして痩せてもないけど、、、?と思いましたが問題なくて良かった!

 

小さな子どもがいますからね、健康でいなくちゃ!