パリで子育て

日本人駐在妻の子育て日記です。フランスでの育児、赤ちゃんの習い事、現地保育園の情報などをアップしていきます。

パリで慣らし保育 5日目

週が変わって月曜日。今日から少し私と離れてみる日だ!と思っていたのに、それは明日からになりました。なぜ?(単純に先生が先週自分で言ったことを忘れただけ?)

 

明日は

私が外出して、5-10分ほどたったらまず所長に電話

「息子さんは楽しく過ごしているのでもう少し外出していてください」or「泣いてダメなので戻ってください」と指示を仰ぐ

 という風に進めるとのことです❗️最高気温3度ほどの寒空の下、そんな中途半端な時間の外出って…。まぁ息子はそんな短時間なら余裕と信じています✨

 

🍀🍀🍀🍀🍀

 

その他、今日の出来事など

 

⭐️今日の先生は1人+インターンが1人。他の曜日よりは子どもの数が少ないし、時々隣の部屋の先生が来ていたけれど、やはりこれだと先生が子どもから目を離す瞬間があるなと感じました。誰かが先生に「抱っこ😭」とせがむとその子に注目するわけだし、息子以外は全員走り回るくらいの子なので、あっという間に目の前からいなくなったり滑り台の上にいたり。この日は私がぐずった子をあやしたり滑り台をチェックしたりして、かなり人員として役に立ったんじゃいかな?笑

今月は交代で先生の連続休暇があるようなので、インターンがいる時だからこそ休んでいるだけなのかな?

 

⭐️以前も先生から「家やギャルドリへ向う途中で息子さんに先生の名前を出して『一緒に遊ぼうね!』と話してくださいね♪」と言われていたけれど、それに加えてギャルドリ内に貼ってある先生の写真をスマホで撮っていき、家で「これが○○先生だよ!」と教えてもいいですよ!と言われる。「これから初めて会う先生もいるので、事前に教えておくといいですよ」というアドバイスとともに。これ、いいアイディア💡

 

⭐️とある先生がサンタクロースの衣装で登場🤶(ちょうどどこかから引っ張り出して来たところのようでした)クリスマスソングを歌ってくれて、子どもたちはみんな釘付け😍クリスマスが近づいたらまたイベントがあるのかな?

 

⭐️グテを初めて先生に食べさせてもらう(先週はすべて私が食べさせていました)。家で使っている以外のエプロンを親がつけると秒速で剥ぎ取るのに、先生にはおとなしくつけてもらっていました。コンポート、ケーキを食べ終わって息子は「まだ無いかな?」的に見回していたそうで(笑)、さらにヨーグルトを食べさせてもらったそうです。家での離乳食の量を調整することにしたので、「2個食べさせていいです」と許可を出したのです。

 

⭐️隣の大きい子の教室では部屋を暗くして影絵芝居(というのかな)をやっていました。0-2歳未満児のクラスの子でも、少し大きくてじっとしていられる子はそちらに遊びに行っていました。

 

今日息子はは初めての下痢😭をしていたので冷たいコンポートとヨーグルトをあげるのはためらいましたが、おやつを食べたそうに、他の子が食べているのを部屋の外から眺めていたので、食べさせないのはかわいそうであげましたが…。家に戻ってこの日4回目の下痢😭お腹が痛いのかグズグズ…。日本から持ってきた下痢止め薬を飲ませました。こういう時のために日本で小児科に行って薬をもらっておいて本当に良かったです。※症状がないのに処方してもらったわけではなく、下痢の時の薬が残っていてフランスに持ってきました

 

🍀🍀🍀🍀🍀

 

今日は先週から30分繰り上げて14:00から行きました。退所は16:30。遊び疲れか精神的疲れか、家に着く前にベビーカーでこてん😴普段は午前中しかお昼寝をしないのに、ギャルドリに行き始めてから夕方(というかギャルドリ帰り)にお昼寝、そこで寝たのに夜もお風呂後にバタンキューになりました👶💤遊んで疲れてよく寝てくれる分にはありがたいです(元々よく寝る子ですが)。